親子で小津安二郎の「お早よう」鑑賞 55年前の名作に子どもたちも笑い声

2014年3月9日 19:44

親子で小津監督の名作「お早よう」を鑑賞
親子で小津監督の名作「お早よう」を鑑賞

[映画.com ニュース] 東京フィルメックスが小学生とその保護者を対象に、親子で映画を鑑賞する企画上映イベントが3月9日、東京・築地の松竹本社で開催。小津安二郎監督の生誕110年、没後50年およびブルーレイ発売を記念して「お早よう」が上映された。

フィルメックスと松竹が協力し、「<「映画」の時間>『お早よう』を話そう~親子鑑賞会」と銘打たれた鑑賞会。試写室で本編を鑑賞し、その後、場所を移して感想を語り合うワークショップが行われた。同作は、1959年に公開された小津監督50作目の作品。郊外の新興住宅地を舞台に、子どもたちに振り回される大人たちの姿を通じて、当時の人々の日常が映し出される。

携帯電話はもちろん、洗濯機やテレビが家庭にそろっているのが珍しい時代で、主人公の兄弟は両親にテレビをねだり、はねつけられたことをきっかけに一言も喋らないというストライキを行う。こうした時代背景が現代の子どもたちが理解しやすいように、上映前には「『お早よう』をみるときのヒント」と題し、劇中に登場する物事について説明する冊子が配られた。

半世紀以上前の作品とはいえ、子どもたちの言動に大差はない。劇中で子どもたちが“オナラ”を自在に操ろうと奮闘し、冒頭から終盤までオナラを連発するが、奇妙な音が鳴るたびに劇場には親子の笑い声が響いた。上映後のワークショップでは「年少組」「年長組」「母親組」「父母混合組」の4グループに分かれ、映画について感想を語り合い、発表を行なった。ワークショップではあえて保護者と離れて子どもたちだけのグループが作られたが、感想や印象的な場面について話すうちに打ち解け、「軽石って何?」「おじいちゃんの家の風呂場にあったよ!」など、積極的に話し合う姿が見られた。

保護者の世代にとっても、劇中で描かれる生活や習慣の中には体験したことのないことも多く、母親たちからは当時の主婦の姿についての感想、また父親たちからは名匠・小津安二郎ならではのアングルなどについての指摘が上がり、活発なワークショップとなった。終了後には、映画に登場するフラフープなど当時のおもちゃなどがお土産として配られ、普段とはひと味違う日曜日の体験に、子どもたちの表情には充実感がにじんでいた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
小津安二郎生誕110年・ニューデジタルリマスター お早よう[Blu-ray/ブルーレイ]

小津安二郎生誕110年・ニューデジタルリマスター お早よう[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥4,136

日本映画界の巨匠・小津安二郎監督が贈る、“おなら遊び”が流行っていたわんぱく盛りの兄弟が、まだ珍しかったテレビ欲しさに両親と喧嘩をし、巻き起こす騒動を描いた作品。
小津安二郎生誕110年・ニューデジタルリマスター 秋日和[Blu-ray/ブルーレイ]

小津安二郎生誕110年・ニューデジタルリマスター 秋日和[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥4,136

日本映画界の巨匠・小津安二郎監督が贈る、夫を亡くした母と娘のお互いを思いやる気持ちを中心に、亡夫の友人たちが起こす騒動を描いた作品。

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース