ショーン・ヤング「ブレードランナー」続編ボイコットを呼びかけ?

2013年8月20日 16:00

奇行ばかりが取りざたされるショーン・ヤング
奇行ばかりが取りざたされるショーン・ヤング

[映画.com ニュース] 1982年のSF映画「ブレードランナー」でレプリカントのレイチェルを演じた米女優ショーン・ヤングが、現在進行中の続編企画について言及した。

ヤングは、最新作「Jug Face(原題)」のプロモーションで米エンターテインメント・ウィークリー誌のインタビューを受けた際に、「ブレードランナー」続編への関与について聞かれた。すると、「(続編を製作する)アルコンの人たちに会ったけど、私に対する出演オファーはなかった。だから(続編の監督を務める)リドリー・スコットのオフィスに電話をかけたんだけど、折り返し電話してこないわね」とこれまでの経緯を説明した。

そして「私としては、続編に私を出演させないのなら、みんな作品をボイコットするべきだと思っている。だって私を出さないなんて馬鹿げている。まったく馬鹿げた話。それが私の意見ね」と息巻いた。

ブレードランナー」で鮮烈な印象を残したヤングだが、その後のキャリアは低迷している。度重なる降板劇(解雇)やアルコール依存症、元恋人ジェームズ・ウッズへのストーカー行為、そしてアカデミー賞を含む映画賞授賞式のパーティに招待されていないにもかかわらず侵入しようとするなど、その奇行ばかりが取りざたされるようになってしまった。

ちなみに、ヤングのスコット監督への執着は「ブレードランナー」続編にとどまらず、その後さらに「プロメテウス」にも言及。同作のシャーリーズ・セロンが本当につまらなそうに役を演じていたように見えたといい、「あの役は私が演じるべきだった。そうすれば『ブレードランナー』のファンに対しても、(リドリーが)またショーンを起用しているよ、という目配せになったのに」と話したという。

約2年前に企画が立ち上がった「ブレードランナー」続編は、今年6月に「グリーン・ランタン」のマイケル・グリーンが新たに脚本家として起用されている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com