美人女子大生も絶賛する「モンスターズ・ユニバーシティ」の魅力

2013年7月20日 19:42

「モンスターズ・ユニバーシティ」の魅力を 熱く語った板橋美奈さん(右)と加古愛莉さん
「モンスターズ・ユニバーシティ」の魅力を 熱く語った板橋美奈さん(右)と加古愛莉さん

[映画.com ニュース] ディズニー/ピクサーの最新作「モンスターズ・ユニバーシティ」が、公開から9日間で興行収入20億円を突破し大ヒット街道を突き進んでいる。動画サイトGyaOで展開される同作の特集内にメッセージを寄せている女子大生2人が、映画.comに大学生ならではの視点で見どころを語った。

劇場公開後に同作を観賞したのは、日本大学法学部の板橋美奈さんと実践女子大学生活科学部の加古愛莉さん。板橋さんは、「登場人物が大学生という設定なので、私たちと同じ。共通する部分がたくさんありました」と目を輝かせる。加古さんも、「子ども時代に社会科見学で訪れた会社で働いている人に憧れて頑張る姿なんて、人間と同じ。私たちも、そういう夢をずっと持ち続けていきたいですね」と同調した。

映画は、怖がらせ屋の名コンビであるサリー&マイクの冒険を描いた「モンスターズ・インク」の11年ぶりとなる続編。大学時代にまでさかのぼり、毛むくじゃらの巨体モンスターのサリーと、目玉がひとつの小さな怪物マイクの出会いを軸に描かれている。

ディズニー/ピクサー作品の魅力について、2人は熱い面持ちで話し始めた。「他のアニメ作品以上に深いですよね。伝えたいメッセージが明確だから、見終わると必ず良かったと思える。それに、2Dなのに3Dみたいな立体感もすごい」(加古さん)、「ビジュアルは変わらないのに、マイクの若さがきちんと表現されているのには驚きました。ピクサー作品は、友人たちの間でも毎回『面白そう』と話題になるんです。苦手な人はいないんじゃないでしょうか」(板橋さん)。

その後も、“モンスターズ”談義は尽きることがなく、ランディ、ハードスクラブル学長、ママといった登場人物の一挙手一投足をも見逃さずに観賞していたことがうかがえた。2人は大学卒業後の進路も見据えており、板橋さんはメディア関係、加古さんは不動産関係への就職を希望しているという。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース