ライアン・ゴズリング、リメイク版「2300年未来への旅」から降板

2012年10月30日 11:11

監督業にも挑戦するライアン・ゴズリング
監督業にも挑戦するライアン・ゴズリング

[映画.com ニュース] ライアン・ゴズリングが、米ワーナー・ブラザース製作のリメイク版「2300年未来への旅」から降板したことが分かった。

76年に公開されたオリジナルの「2300年未来への旅」は、ソール・デビッドが監督、マイケル・ヨークジェニー・アガターが主演したディストピアSF。大気汚染により、人間たちが巨大なドーム内に住む2274年の未来社会を舞台に、人口制御のため30歳で命を断たねばならないこのドームからの逃亡を図る、主人公ローガンとヒロインの姿を描いた。

昨年2月、「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督とゴズリングがこのリメイク版で再び顔を合わせると報じられたが、米バラエティ紙によれば、このほどゴズリングは出演を見送ったそうだ。理由は発表されていないが、ゴズリングが監督デビューを飾る新作「How to Catch a Monster(原題)」とのスケジュールがネックになった可能性が指摘されている。

現在のところ、レフン監督がこのままリメイク版のメガホンをとるかは明らかになっていない。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com