映画初主演の佐武宇綺、「濡れるのはOK」と気合い

2011年10月12日 12:32

「魚介類 山岡マイコ」完成会見に出席した 高見こころ、佐武宇綺、加藤沙耶香、梶野竜太郎監督
「魚介類 山岡マイコ」完成会見に出席した 高見こころ、佐武宇綺、加藤沙耶香、梶野竜太郎監督

[映画.com ニュース] ガールズユニット「9nine」の佐武宇綺が10月12日、東京・池袋のサンシャイン水族館で行われた「魚介類 山岡マイコ」の完成会見に、タレントの高見こころ加藤沙耶香梶野竜太郎監督とともに出席した。

映画初主演にして“女子高生姿の魚介類”という奇抜な役どころに挑んだ佐武は、「プレッシャーもあったけれど、監督からそのままの宇綺を撮りたいと言われて。マイコは魚介類の第一形態なので、元気いっぱいに無邪気な幼さを出そうと心掛けました」。海中から登場するシーンは、「制服のまま海に入るなんて普通じゃできないのでうれしかった」と述懐し、「うお座なので濡れるのは全然OK!」と会場を沸かせた。

佐武扮するマイコの第一発見者・鴨子を演じた高見が、「宇綺ちゃんには母性本能くすぐられっぱなしで、わが子のような感覚で撮影に臨んでいました」と話すと、佐武は「鴨ちゃん(高見)が私のことを探してくれるシーンがあって、すごく愛を感じた」と笑顔をのぞかせた。

脚本も兼ねた梶野監督は、「濡れた髪の女の子を撮りたい、というところからこの映画ははじまったんです」と製作理由を説明。「女の子の成長過程を魚にたとえてみました。女の子の顔の表情をすごく大切にしているので、見るたびに発見があります」とアピールした。

女子高生の姿をした魚のマイコが、周囲を巻き込みながら“出世魚”として成長する姿を描く。マイコの第一形態(佐武)、第三形態(加藤)の間に登場する第二形態は、アイドルの松下美保が抜てきされた。

魚介類 山岡マイコ」は、10月22日からシネ・リーブル池袋で公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース