田原俊彦の長女・綾乃美花、ミスマガジン準グランプリ

2011年7月10日 12:53

準グランプリを受賞した綾乃美花
準グランプリを受賞した綾乃美花

[映画.com ニュース] 田原俊彦の長女でタレントの綾乃美花が7月10日、東京・台場の東京ジョイポリスで行われた「ミスマガジン2011 FINAL in 東京ジョイポリス」に出席。綾乃は準グランプリを受賞し「父も喜んでくれて、おめでとうと言ってくれた」。今後は幅広い役をこなせる女優を目指すといい「目標は黒木メイサさん。頑張ります」と父親譲りの瞳を輝かせた。

デビューのきっかけは原宿でのスカウトで「もともと女優になりたいと思っていた。小さいころからドラマを見るのが好きで、見ているうちにお芝居に興味をもった」。スカウトを報告すると「父はびっくりしていました」と振り返った。

「ミスマガジン」は1982年にスタートした美少女コンテストの草分け的存在で、第1回グランプリのいとうまい子をはじめ、斉藤由貴南野陽子ら数多くのアイドルや女優を輩出した。一時中断後、1996年に「ヤングマガジン」誌上で復活し、2001年には「週刊少年マガジン」「ヤングマガジン」両誌開催と規模を拡大。近年も北乃きい倉科カナ桜庭ななみらがブレイクのきっかけをつかんでいる。

この日は綾乃をはじめ、グランプリを受賞した衛藤美彩秋月三佳(ミス週刊少年マガジン)、朝倉由舞(ミスヤングマガジン)がファンにお披露目された。9月14日には4人のオフィシャル・ソロイメージDVDが発売される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース