ダスティン・ホフマン初監督作「カルテット」がクランクイン

2011年9月14日 20:48

初監督作がクランクイン
初監督作がクランクイン

[映画.com ニュース] 名優ダスティン・ホフマンが初メガホンをとる新作映画「カルテット(原題)」が、今週英ロンドンでクランクインし、9週間にわたって撮影を行う。

「カルテット」は、「戦場のピアニスト」「潜水服は蝶の夢を見る」の脚本家としても知られるロナルド・ハーウッドの同名戯曲の映画化。ハーウッド自ら脚色にあたる。引退したオペラ歌手用の老人ホームを舞台に、4人の元歌手たちが、作曲家ヴェルディの生誕を祝うコンサートで四重唱(カルテット)を披露しようとする姿を描くコメディドラマだ。

元プリマドンナのジーン役のマギー・スミスほか、ビリー・コノリートム・コートネイポーリーン・コリンズが主人公の4人を演じる。また、マイケル・ガンボンシェリダン・スミスの出演も決定している。

ちなみに、同戯曲は今年10月、黒柳徹子主演で「思い出のカルテット〜もう一度唄わせて〜」として渋谷・パルコ劇場での上演が予定されている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース