ワーナーもホームビデオ部門でリストラ

2011年6月14日 11:33

[映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーに続き、ワーナー・ブラザースもリストラを敢行することをDeadlineが報じた。

ホームエンタテインメント部門やコンシューマープロダクト部門の50人が対象になるという。アメリカでは、オンライン販売の普及やレンタルを選択する消費者が増えたため、DVDやブルーレイなどのホームエンタテインメント部門の売り上げが大幅にダウンしている。

消費動向の変化に合わせ、各社が不採算部門である同部門の再編成に着手。先週、ディズニーは全社員の5%にあたる200~250人規模の人員削減を準備していると報道されたばかりだ。

(映画.com速報)

関連ニュース