「アバター」続編ロケ地がLAに決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月29日 > 「アバター」続編ロケ地がLAに決定
メニュー

「アバター」続編ロケ地がLAに決定

2011年5月29日 11:47

続編の準備も着々と「アバター(2009)」

続編の準備も着々と
写真:Press Association/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アバター2」と「アバター3」の撮影がロサンゼルス近郊で行われることになったと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

ジェームズ・キャメロン監督とプロデューサーのジョン・ランドーは、税優遇措置のあるカナダやニュージーランドでの撮影を検討したものの、ロサンゼルス空港近くのマンハッタン・ビーチにあるMBSメディアキャンパス(旧マンハッタン・ビーチ・スタジオ)を拠点にすることを決めたという。前作「アバター」は、ロサンゼルス空港近くのプラヤ・ビスタにある格納庫を改造したスタジオで撮影が行われたが、施設が古いうえに規模が小さいことが問題となっていた。

同キャンパスは1998年にオープンした最新の独立系撮影スタジオで、約9ヘクタールの敷地に15ものサウンドステージを備えている。すでに「アイアンマン2」や「マイティ・ソー」などの大作映画が撮影されている。キャメロン監督はこのなかの2つのステージを借り切り、11月から撮影を行うことになるという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi