園子温監督最新作「恋の罪」カンヌ監督週間に正式出品 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月19日 > 園子温監督最新作「恋の罪」カンヌ監督週間に正式出品
メニュー

園子温監督最新作「恋の罪」カンヌ監督週間に正式出品

2011年4月19日 18:00

園子温監督の最新作「恋の罪」「恋の罪」

園子温監督の最新作「恋の罪」
(C)2011「恋の罪」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 水野美紀主演、園子温監督の最新作「恋の罪」が、5月11日から開幕する第64回カンヌ映画祭の監督週間に正式出品されることがわかった。

園監督は1月末に公開の「冷たい熱帯魚」が大ヒットし、英・仏・独・香港など海外公開が決定している。同作も「冷たい熱帯魚」同様、実際の事件を基にした作品で、21世紀直前に起こった渋谷区円山町ラブホテル街の殺人事件を軸に、水野、冨樫真神楽坂恵が演じる3人の女の生きざまをセックス、言葉、狂気、生と死、家族を通して鮮烈な映像で美しく描く。

愛のむきだし」で2009年ベルリン国際映画祭のカリガリ賞、国際批評家連盟賞をダブル受賞した園監督。そして、「冷たい熱帯魚」の10年ベネチア国際映画祭「オリゾンティ部門」出品に続き、カンヌへの初参加が決まり、3年連続で三大映画祭出品という快挙となった。「恋の罪」の英題は「GUILTY of ROMANCE」。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報