レイ・ブラッドベリの「火星年代記」が映画化

2011年4月14日 11:16

傑作SF小説が映画化
傑作SF小説が映画化

[映画.com ニュース] 米パラマウント・ピクチャーズが、レイ・ブラッドベリのSF小説「火星年代記」の映画化権を獲得したことがわかった。

火星年代記」は26の短編が連なって構成された小説で、火星の植民地化を目指す地球人と火星人の対立を軸に描かれる。1997年にユニバーサルが映画化権を獲得し、スティーブン・スピルバーグ監督やプロデューサーのジョン・デイビス(「プレデターズ」「ガリバー旅行記」)が企画開発に着手したものの、映画化実現には至らなかった。

ハリウッド・レポーター誌によれば、パラマウントがデイビスを引き続きプロデューサーとして起用することを決定したという。なお、同作は79年に「マーシャン・クロニクル」としてテレビ映画化されたことがある。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース