マイクル・コナリー「ハリー・ボッシュ」シリーズついに映画化?

2011年3月28日 11:25

[映画.com ニュース] 世界的な人気を誇る米作家マイクル・コナリーの「刑事ハリー・ボッシュ」シリーズの映画化プロジェクトに、このほど新たな展開が見られた。

ロサンゼルス市警の刑事ハリー・ボッシュを主人公とするコナリーの犯罪小説は、これまでに16作品が刊行されている。そのうち第1弾「ナイトホークス」(1991)と第2弾「ブラック・アイス」(92)の映画化権を、米パラマウント・ピクチャーズが92年に取得しているが、その後20年間ほとんど進展を見せていなかった。

米Deadline Hollywoodによれば、それに業を煮やした原作者のコナリーが、同2作品の権利を自らパラマウントから買い戻したという。さらにコナリーは、映画版のプロデューサーに、スウェーデン映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」シリーズ(およびその米リメイク版)を手がけたスウェーデンの製作会社イエロー・バード・フィルムズのソロン・スターモスとオーレ・ソンドベルイを起用。コナリー自身も映画化に積極的に関わっていきたい意向のようだ。

ちなみに、刑事弁護士ミッキー・ハラーが主人公のコナリーの小説「リンカーン弁護士」を、マシュー・マコノヒー主演で映画化した「The Lincoln Lawyer」が3月18日に全米公開され、好評を博している。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 戦後75年、奥崎謙三生誕100周年 原一男「ゆきゆきて、神軍」8月14日から全国公開

    1

    戦後75年、奥崎謙三生誕100周年 原一男「ゆきゆきて、神軍」8月14日から全国公開

    2020年8月9日 10:00
  2. 特別上映版「はたらく細胞!!」で「血小板 映画館へ行く」同時上映 前野智昭&長縄まりあの体操映像も公開

    2

    特別上映版「はたらく細胞!!」で「血小板 映画館へ行く」同時上映 前野智昭&長縄まりあの体操映像も公開

    2020年8月9日 08:00
  3. 【海外ドラマ用語辞典コラム:第8回】映画とドラマで立場が逆転?“ただの脚本家”ではないショーランナーの仕事

    3

    【海外ドラマ用語辞典コラム:第8回】映画とドラマで立場が逆転?“ただの脚本家”ではないショーランナーの仕事

    2020年8月9日 12:00
  4. 「劇場版BEM BECOME HUMAN」に山寺宏一、水樹奈々ほか出演決定 高木渉の目にも涙のドラマが展開

    4

    「劇場版BEM BECOME HUMAN」に山寺宏一、水樹奈々ほか出演決定 高木渉の目にも涙のドラマが展開

    2020年8月9日 19:00
  5. ライアン・レイノルズ、“映画人候補”の賃金を自費負担 多様性推進に向け人材育成プログラムを発足

    5

    ライアン・レイノルズ、“映画人候補”の賃金を自費負担 多様性推進に向け人材育成プログラムを発足

    2020年8月9日 17:00

今週