アガサ・クリスティの傑作「ねじれた家」が映画化

2011年3月24日 07:02

名作が映画化
名作が映画化

[映画.com ニュース] ミステリーの女王アガサ・クリスティの長編小説「ねじれた家(Crooked House)」が、映画化されることになった。

1949年に発表された「ねじれた家」は、クリスティ本人が「自作のなかで最も好きな2作品のうちのひとつ」と語った傑作ミステリー。第2次世界大戦直後の英ロンドンを舞台に、ねじれた家で起こった殺人事件を発端にした物語が繰り広げられる。同作が映画化されるのは初めてとなる。

英インディペンデント紙によれば、ロバート・アルトマン監督作「ゴスフォード・パーク」(01)でアカデミー賞脚本賞を受賞したジュリアン・フェローズが脚色を手がけ、ニール・ラビュート監督がメガホンをとるという。現時点ではキャストは明らかになっていない。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ジェーン・ドウの解剖
  • 機械じかけの小児病棟
  • ハンガリー連続殺人鬼
  • 怪談新耳袋 百物語【TBSオンデマンド】
  • クリーピー 偽りの隣人
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • もうひとりいる
  • 喰女 ―クイメ―
  • オーディション
  • カオス
OSOREZONE

Powered by 映画.com