山梨県初の映画賞「山梨文学シネマアワード2011」が誕生

2011年2月9日 11:23

「山梨文学シネマアワード2011」のポスター
「山梨文学シネマアワード2011」のポスター

[映画.com ニュース] 山梨県初の映画賞「山梨文学シネマアワード2011」が、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」を立ち上げた映画ジャーナリストの小松澤陽一氏によって創設された。同賞は、数多くの文学者や映画人を育み、数々の名作の舞台となってきた山梨に密着した文学をテーマにした映画賞となる。

映画・文学界において偉大な業績を残した映画人を表彰する「マスタークラスアワード」に、女優の淡島千景、俳優の仲代達矢、映画監督の若松孝二、作家の島地勝彦、漫画家の永井豪が選出された。また、ポーセリンアート(磁器芸術)を代表する世界のトップブランド「リヤドロ」による「LLADRO AWARDS」を、俳優の萩原健一、女優の夏木マリ、映画監督の平山秀幸、女優の工藤夕貴、映画監督の山田あかねが受賞する。

授賞式のほか、受賞者を講師陣に迎えて関連作についてのティーチインを行う“受賞記念ワークショップ”、山梨有数の文学ゆかりの地を訪問する“文学の道 散策ツアー”などを実施する。創設プロデューサーの小松澤氏は「『山梨文学シネマアワード2011』は“学びの映画賞”です。“文学の道 散策ツアー”の実施で、物語の文化遺産に学び、“受賞記念ワークショップ”の開催で芸術と人生の匠たちのメッセージに学んでほしいと、私たちは願っています」とコンセプトを説明した。

「山梨文学シネマアワード2011」授賞式は、2月13日に山梨・甲府で開催。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 【中国映画コラム】興収500億円のメガヒット作「薬の神じゃない!」製作秘話 目指したのは“疲れない映画”

    1

    【中国映画コラム】興収500億円のメガヒット作「薬の神じゃない!」製作秘話 目指したのは“疲れない映画”

    2020年10月25日 11:00
  2. 一方通行ラブコメディ「恋と呼ぶには気持ち悪い」21年春放送 ティザービジュアル公開

    2

    一方通行ラブコメディ「恋と呼ぶには気持ち悪い」21年春放送 ティザービジュアル公開

    2020年10月25日 16:00
  3. 「ワールドトリガー」2ndシーズン、ティザービジュアル公開 10月30日に梶裕貴ら出演の生番組配信

    3

    「ワールドトリガー」2ndシーズン、ティザービジュアル公開 10月30日に梶裕貴ら出演の生番組配信

    2020年10月25日 07:00
  4. ブラッドリー・クーパー監督のバーンスタイン伝記映画にジェレミー・ストロングが交渉中

    4

    ブラッドリー・クーパー監督のバーンスタイン伝記映画にジェレミー・ストロングが交渉中

    2020年10月25日 09:00
  5. ハリソン・フォード&エド・ヘルムズ、実話を題材にした新作コメディに主演

    5

    ハリソン・フォード&エド・ヘルムズ、実話を題材にした新作コメディに主演

    2020年10月25日 13:00

今週