オスカー俳優ブリッジスも登場 「トロン:レガシー」最新映像がコミコンに

2010年7月23日 18:08

スタイリッシュな近未来世界を3Dで描く
スタイリッシュな近未来世界を3Dで描く

[映画.com ニュース] 米ディズニー製作の実写3D大作「トロン:レガシー」の最新映像を披露するイベントが7月22日(現地時間)、米サンディエゴで開催されている世界最大級のポップカルチャー・イベント「コミック・コンベンション(コミコン)」で行われた。会場には主演の新進俳優ギャレット・ヘドランドオリビア・ワイルドジェフ・ブリッジス、ジョセフ・コシンスキー監督らが姿を見せ、ファンを沸かせた。

同作は、デジタル業界のカリスマとして名をはせるエンコム社のCEO、ケビン・フリン(ブリッジス)のナゾの失踪から20年後の現代、27歳に成長した息子のサム(ヘドランド)が、父の想像した電脳世界「トロン」に足を踏み入れ、そこに隠された真実をめぐり繰り広げる戦いを描く。1982年に世界で初めて本格的にCGを取り入れ製作された「トロン」の新たな物語で、音楽をダフト・パンクが担当している。

コミコンのメイン会場となる6500人収容の大ホールで、最新映像を上映。主人公サムがトロンの世界に入り込んだ後の5分間のシーンで、会場内に用意された4つの巨大スクリーンに「トロン:レガシー」が映し出されると、満場の客席からは大歓声。同作は3D専用カメラを用いて撮影されており、観客たちは迫力の3D映像とサウンドに見入った。

同作で長編映画デビューを果たすコシンスキー監督は、「最新テクノロジーを駆使した、創造性あふれる作品。このような作品を監督するのは名誉なこと」と胸を張った。また、「トロン」に続いて出演となるオスカー俳優のブリッジスは、「27年たって、また新たにこの役を演じるのはとてもエキサイティングだったよ」と話した。

トロン:レガシー」は12月17日から世界同時公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース