ビン・ラディン題材のインド映画、パキスタンで上映禁止

2010年7月16日 14:57

テロの恐れから上映見送り
テロの恐れから上映見送り

[映画.com ニュース] パキスタンの映画検閲局がテロリストによる攻撃を恐れ、インドのコメディ映画「テレ・ビン・ラディン(原題)」の上映を禁止した。

同作は、アメリカン・ドリームを夢見て米国に移住しようとするパキスタンのジャーナリストが、偽のオサマ・ビン・ラディンのビデオを制作し、テレビ局にスクープとして売り込む物語。アブヒシェク・シャーマの監督デビュー作で、パキスタンでは7月16日に公開される予定だった。

パキスタンを舞台とし、インドで撮影された同作の主演はパキスタンの大人気ミュージシャン、アリ・ザファー。ザファーは自国での公開のために、配給会社への根回しも行っており、検閲局の決定に抗議している。インド、イギリス、中東では予定通りに公開されるという。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

関連ニュース