「トランスフォーマー3」は3Dに!新悪役はショックウェーブ

2010年6月15日 11:30

今度はラジー賞回避?
今度はラジー賞回避?

[映画.com ニュース] マイケル・ベイ監督の人気シリーズ第3弾「トランスフォーマー3」が、3Dで公開されることが分かった。ベイ監督と同シリーズのプロデューサー、ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラが米USAトゥデイ紙のインタビューに答えたもので、シャイア・ラブーフ演じる主人公サム・ウィトウィッキーやオートボットらと闘う悪役として、ショックウェーブが新登場するという。オートボットやディセプティコンが地球へ向かった後、サイバトロン星で独裁者として君臨したキャラクターだ。

前作「トランスフォーマー/リベンジ」は、世界興収8億3600万ドル(約768.5億円)という大ヒットを記録したが、映画の内容については批判的な評価を受けた。ベイ監督は、その理由を「2007年~08年の米脚本家組合ストライキが終わってすぐに製作したために、十分な準備ができなかった」と弁明。ボナベンチュラも、「第2作にはいろいろと詰め込みすぎた。検討する余裕もなく、どんどん入れてしまった」と語った。

しかし、ベイ監督によれば、「トランスフォーマー3」ではくだらないコメディは封印するそうで、「最終作にふさわしい力強い作品になる。トリロジーとして、本作で完結だ。リブートする可能性はあるが、この作品はインパクトのあるエンディングになっていると思う」と自信を見せている。ストーリーの詳細は明かされていないが、ロシアとアメリカの宇宙開発に焦点を当て、これまで隠されていたトランスフォーマーたちの任務が浮き彫りになるようだ。

現在撮影中の「トランスフォーマー3」は、ラブーフのほか、人気モデルのロージー・ハンティントン=ホワイトレイ、ジョン・マルコビッチフランシス・マクドーマンドパトリック・デンプシーが出演。2011年7月1日全米公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 【中国映画コラム】興収500億円のメガヒット作「薬の神じゃない!」製作秘話 目指したのは“疲れない映画”

    1

    【中国映画コラム】興収500億円のメガヒット作「薬の神じゃない!」製作秘話 目指したのは“疲れない映画”

    2020年10月25日 11:00
  2. 一方通行ラブコメディ「恋と呼ぶには気持ち悪い」21年春放送 ティザービジュアル公開

    2

    一方通行ラブコメディ「恋と呼ぶには気持ち悪い」21年春放送 ティザービジュアル公開

    2020年10月25日 16:00
  3. 「ワールドトリガー」2ndシーズン、ティザービジュアル公開 10月30日に梶裕貴ら出演の生番組配信

    3

    「ワールドトリガー」2ndシーズン、ティザービジュアル公開 10月30日に梶裕貴ら出演の生番組配信

    2020年10月25日 07:00
  4. ブラッドリー・クーパー監督のバーンスタイン伝記映画にジェレミー・ストロングが交渉中

    4

    ブラッドリー・クーパー監督のバーンスタイン伝記映画にジェレミー・ストロングが交渉中

    2020年10月25日 09:00
  5. ハリソン・フォード&エド・ヘルムズ、実話を題材にした新作コメディに主演

    5

    ハリソン・フォード&エド・ヘルムズ、実話を題材にした新作コメディに主演

    2020年10月25日 13:00

今週