「バレンタインデー」続編は「大晦日」が舞台に

2010年2月9日 11:29

「ゴールデン・ウィーク」も是非!
「ゴールデン・ウィーク」も是非!

[映画.com ニュース] 「プリティ・ウーマン」のゲイリー・マーシャル監督によるオールスターキャストの恋愛群像劇「バレンタインデー」(全米・日本ともに2月12日公開)の続編プロジェクトが、公開を前に早くも始動したようだ。

米Deadline Hollywoodが報じたもので、同作の脚本家キャサリン・ファゲイトが「ニューイヤーズ・イブ(大晦日)」をテーマにした続編用の脚本第1稿をスタジオのワーナー・ブラザース/ニューラインに提出したという。

バレンタインデー」は、ロサンゼルスを舞台に2月14日のバレンタインデーをめぐる複数の愛のドラマを描く群像劇。ジュリア・ロバーツアン・ハサウェイジェシカ・アルバジェシカ・ビールパトリック・デンプシーアシュトン・カッチャーブラッドリー・クーパーら豪華キャストの共演が話題だ。

続編はストーリーとして継続するというよりも、コンセプトを踏襲するもので、今度は大晦日から元日にかけてのニューヨークを舞台にしたドラマが繰り広げられる。それが成功すれば、クリスマスやサンクスギビング(感謝祭)など、祝日・記念日シリーズがさらに展開される可能性もありそうだ。監督はマーシャルが続投、「バレンタインデー」のキャストも何人かは戻ってくる見込みだという。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース