破格のギャラでハリウッドデビューを果たすウルグアイの新人監督とは?

2009年12月2日 11:33

制作費、安すぎませんか?
制作費、安すぎませんか?

[映画.com ニュース] ハリウッドでは通常、初めて長編に挑む監督のギャラは25万ドル(約2200万円)前後だが、ウルグアイ人のフィード・アルバレスは、極めて異例の高額ギャラで長編デビューを果たす。「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ監督の製作会社ゴースト・ハウス・ピクチャーズが、アルバレスによるエイリアンの侵略に関する長編企画のプレゼンを、数百万ドルで獲得した。

いきなりの高額契約になった理由は、アルバレスが監督した、ロボットの攻撃を描く4分48秒の短編映画「Ataque de Panico!」(「パニック・アタック!」)にあった。ウルグアイでテレビCMの監督を務めるアルバレスは、同作を300~500ドルの超低予算で制作したという。

同作がインターネット上に掲載されて間もなく、カニエ・ウェストが自身のブログにリンクを貼ったことがきっかけとなり、それまでウルグアイの広告業界以外ではだれも知らなかったアルバレスのもとに、ハリウッドの大手エージェンシーからの契約オファーが殺到。2週間後に渡米しCAAと契約後、やはり「Ataque de Panico!」に感心したライミとの契約に至った。

同契約により、ゴーストハウスが雇う作家が長編用の脚本を仕上げ、アルバレスが最も尊敬する監督のひとりと公言するライミの指導下で監督を務めることになる。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
スパイダーマン (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 中島健人史上“最恐”のドSキャラ誕生! ドラマ「彼女はキレイだった」で小芝風花と初共演

    1

    中島健人史上“最恐”のドSキャラ誕生! ドラマ「彼女はキレイだった」で小芝風花と初共演

    2021年5月15日 05:00
  2. “日本で一番嫌われた男”成田凌&トータス松本「くれなずめ」舞台挨拶でそろい踏み

    2

    “日本で一番嫌われた男”成田凌&トータス松本「くれなずめ」舞台挨拶でそろい踏み

    2021年5月15日 15:26
  3. 「全裸監督」シーズン2、村西とおるがエロ&仲間と共に時代を駆け抜ける! 場面写真一挙披露

    3

    「全裸監督」シーズン2、村西とおるがエロ&仲間と共に時代を駆け抜ける! 場面写真一挙披露

    2021年5月15日 12:00
  4. 【特別インタビュー】吉永小百合が広瀬すずへ伝えたかったこと。

    4

    【特別インタビュー】吉永小百合が広瀬すずへ伝えたかったこと。

    2021年5月15日 11:00
  5. オリンピックに伴う再開発で退去 都営アパート住民の最後を映すドキュメンタリー公開

    5

    オリンピックに伴う再開発で退去 都営アパート住民の最後を映すドキュメンタリー公開

    2021年5月15日 10:00

今週