井上真央の女子高生姿もこれで見納め?「僕の初恋をキミに捧ぐ」完成披露

2009年9月29日 11:33

眺望抜群、でもちょっと怖い「恋人の聖地」
眺望抜群、でもちょっと怖い「恋人の聖地」

[映画.com ニュース] 青木琴美の人気少女コミックを実写映画化した「僕の初恋をキミに捧ぐ」の完成会見が9月28日、東京・六本木ヒルズ大展望台で行われ、主演の井上真央岡田将生新城毅彦監督が登壇した。

映画は、20歳まで生きられないと宣告された高校生・逞(たくま)と医師の娘・繭が、家族や友人に支えられながら初恋を貫く姿を描いた純愛ラブストーリー。

「恋人の聖地」と認定された日本一の高さを誇る屋外展望台に、井上は「うれしいけれど、高いところが苦手なのでドキドキしました。忘れられない思い出になりそうです」と苦笑い。岡田が「素敵な映画です。初日はすごく緊張して、監督や皆さんにご迷惑をかけてしまいました」と謙虚に挨拶すると、井上は「岡田君は見ての通りナイーブでシャイな方なので、撮影が終わるまでに仲良くなれるか不安でした」と第一印象を吐露した。

今年3月に大学を卒業したばかりの井上は、「社会人初のお仕事でまた制服を着たので不思議な感じがしました。制服は25歳までと決めていたので、これで見納めということで」とはにかんだ。

会見後、共演の細田よしひこと原田夏希が駆けつけ、TOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台挨拶。新城監督は、「映画の出来は、手ごたえバッチリです。優しい気持ちを持って帰ってほしいです」と自信をのぞかせた。

僕の初恋をキミに捧ぐ」は10月24日より全国ロードショー。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース