マイケル・ジャクソン主演「キャプテンEO」が米ディズニーランドに復活!

2009年9月3日 12:00

マイケル・ジャクソン追悼興行?
マイケル・ジャクソン追悼興行?

[映画.com ニュース] 「キング・オブ・ポップ」マイケル・ジャクソンさんが亡くなり、82年の「スリラー」(ジョン・ランディス監督)や86年の「バッド」(マーティン・スコセッシ監督)といった故人がパフォーマンスしたミュージックビデオの先鞭性を、オンエアーされたTV番組などから感じ取った方も多いはずだ。

そんなジャクソンさんが主演し、80年代半ばに人気を博したSFアクション3Dミュージカル映画「キャプテンEO」(ジョージ・ルーカス製作、フランシス・フォード・コッポラ監督)が復活するという噂がある。ディズニーファンサイトMiceageが伝えたもので、同作がジャクソンさんへのトリビュートとして、来年1月にも米カリフォルニア州にあるディズニーランドのトゥモローランドに再設置されるというのだ。詳細は、9月10日~13日に開催される「D23エキスポ」にて、ディズニーパーク社会長ジェイ・ラスーロによって大々的に発表されるらしい。

「キャプテンEO」は、東京ディズニーランドでも87年3月20日から96年9月1日まで設置されていた3D立体映画アトラクション。善と悪が渦巻く宇宙で「落ちこぼれ小隊」を率いて、悪の女王(アンジェリカ・ヒューストン)たちと戦うキャプテンEOの活躍を描く、17分間のSFアクションアドベンチャーだ。86年当時で、1分間あたり100万ドル、総製作費1700万ドル(現在の価値で3500万ドル、約32億円)をつぎ込んだ3D超大作であり、「We Are Here to Change the World」「Another Part of Me」の2曲で、歌とダンスを披露するEO役のジャクソンさん見たさに、世界各地のディズニーパークで長蛇の列ができた大人気アトラクションだった。

3D映画が映画界のメインストリームになりそうな現在、20数年前にジャクソンさんが残した功績を伝える意味でも、東京ディズニーランドにもぜひ再設置してほしい。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com