今度こそ実現か?レッド・ツェッペリン再結成が具体化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月11日 > 今度こそ実現か?レッド・ツェッペリン再結成が具体化
メニュー

今度こそ実現か?レッド・ツェッペリン再結成が具体化

2007年9月11日 12:00

[eiga.com 音楽ニュース] レッド・ツェッペリンのフロントマン、ロバート・プラントが、ついにバンドの年内再結成を認めたようだ。

ここ数年、何度となく再結成話が浮上しては否定され、つい先日もプラント自ら「再結成はあり得ない」と発言していたが、9月5日、プラントとロンドンで会ったというファンが、本人の口から再結成を認める発言を聞いたと証言した。

しかも、その時のプラントは、元メンバーのジミー・ペイジジョン・ポール・ジョーンズに会いに行く途中だったとか。サインを求めるファンに再結成の可能性について尋ねられたプラントは、「その件で今日の午後にミーティングをやるんだ。たった1日限りのライブになるだろうが」と答えたとのこと。ファンは、これが作り話でないこと、あるいはプラントの冗談でないことを祈るばかりだろう。

ちなみに、業界の情報通によれば、再結成公演が行われる場合はプロモーターであるハーベイ・ゴールドスミス主催のチャリティ・ライブになり、11月中にロンドンのO2アリーナで行われる可能性が高いようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi