ディズニーが、2Dアニメ専門スタジオに方向転換

2006年12月22日 12:00

現在公開中のディズニー製CGアニメ 「ライアンを探せ!」
現在公開中のディズニー製CGアニメ 「ライアンを探せ!」

ピクサーのジョン・ラセター監督とエド・キャットムル社長の指導のもと改革の進むディズニーのアニメーション・スタジオで、今後、CGアニメが一切作られないことになりそうだ。ディズニーといえば、マイケル・アイズナー前CEOのもと、歴史のある2Dアニメーション工房を閉鎖し、現在の主流であるCGアニメーションへの移行を図ってきたが、ラセター監督とキャットムル社長はこの流れを逆行させようとしている。ディズニーのスタジオでは2Dのアニメーションのみを製作し、CGアニメーションはピクサーが一手に引き受けるという案が話し合われているという。ロバート・アイガーCEOがこの案に賛同すれば、現在、ディズニーで進行中のCGアニメの多くが製作中止となる可能性がある。なお、ジョン・ラセター監督は、かつてはディズニーで2Dアニメのアニメーターをしていた経験があり、ディズニーが熟練のアニメーターたちを解雇したことについて、心を痛めていたことでも知られている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース