もう懲り懲り?マドンナ、映画をあきらめ音楽に専念

2006年8月18日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

これまで音楽、映画、ファッションなど、あらゆるジャンルに影響を与え続けてきたマドンナだが、どうやら映画でのキャリアは諦めることにしたようだ。96年に公開された「エビータ」では高い評価を得たマドンナだが、夫であるガイ・リッチー監督の作品「スウェプト・アウェイ」では酷評を受け、それ以外の出演作も、ほとんどが興行的に成功していない。

そんな経験を踏まえてか、今後は音楽に専念することを決意したそう。マドンナは「認めたくないけれど、もうあきらめることにしたの。映画の企画段階で、さんざん周囲から失敗すると言われたら、出来るわけないじゃない」とこぼしている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース