「ソラリス」のスタニスワフ・レム、死去

2006年3月28日 12:00

ポーランドのSF作家、スタニスワフ・レムが27日、ポーランドのクラクフ市にある自宅で心不全のため亡くなった。84歳だった。

代表作「ソラリスの陽のもとに」は、71年にロシアのアンドレイ・タルコフスキー監督により「惑星ソラリス」として映画化され、72年のカンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。02年にはスティーブン・ソダーバーグ監督、ジョージ・クルーニー主演により「ソラリス」としてリメイクされた。彼の著作は40カ国以上で翻訳され、2700万部以上を売り上げている。

共産主義が崩壊した89年以降はSF小説から離れ、政治評論やインターネット社会の技術的・倫理的問題に焦点を当てたエッセイなどを執筆していた。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース