「ミクロの決死圏」のリチャード・フライシャー監督死去

2006年3月28日 12:00

SF映画の名作「ミクロの決死圏」や41年の真珠湾攻撃を描いた「トラ・トラ・トラ!」のアメリカ側監督としても知られるリチャード・フライシャー監督がカリフォルニア州の病院で亡くなった。89歳だった。

アニメ「ポパイ」を製作したアニメ映画監督マックス・フライシャーを父親にもつフライシャー監督は1916年ニューヨーク生まれ。父親の影響で映画監督を志すようになり、ブラウン大学卒業後にRKOに入社し、46年「Child of Divorce」で長編監督デビュー。54年、ディズニーの依頼で「海底2万マイル」を監督してからは第一線の監督に。以降「バイキング」「ミクロの決死圏」「トラ・トラ・トラ!」「ザ・ファミリー/マフィア血の抗争」「マジェスティック」などでエネルギッシュな演出で辣腕を振るった。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース