チャン・ドンゴンの相手役を務めた韓国女優が自殺 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年3月1日 > チャン・ドンゴンの相手役を務めた韓国女優が自殺
メニュー

チャン・ドンゴンの相手役を務めた韓国女優が自殺

2005年3月1日 12:00

「バンジージャンプする」のイ・ウンジュ(左)「ブラザーフッド」

「バンジージャンプする」のイ・ウンジュ(左)
[拡大画像]

昨年日本でも公開された「ブラザーフッド」で、チャン・ドンゴンの相手役などを務めた韓国女優イ・ウンジュさん(24)が、2月22日、自宅のマンションで首を吊って死亡しているところを発見された。自室からは、「お母さん、お兄さん、ごめん」といった内容の遺書が発見され、自殺と見られている。

遺書には「なぜ私にあのような本を渡したのか」といった、映画の台本に言及する内容が書かれていた。具体的なタイトルは明かされていないが、これは昨年韓国で公開された「スカーレットレター」(5月日本公開予定)を指したものであるとされている。同作でウンジュさんは、不倫や同性愛といった難役に挑戦し、ベッドシーンで肌も露出させている。同作出演以降、ウンジュさんは鬱病や不眠症に悩まされていたといい、それを苦に自殺したと見られている。

また、折りしも日本では、イ・ビョンホンと共演した01年の映画「バンジージャンプする」が、3月19日から公開される。

(C)2001 Noon entertainment all rights reserved

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi