ウィル・スミス、トミー・リー来日。「彼はエゴの強い役者」?

2002年6月11日 12:00

(左より)トミー・リー・ジョーンズ、 ララ・フリン・ボイル、ウィル・スミス
(左より)トミー・リー・ジョーンズ、 ララ・フリン・ボイル、ウィル・スミス

先週舞台挨拶の模様をお伝えしたトミー・リー・ジョーンズに加え「メン・イン・ブラック2」より、もう1人の主演ウィル・スミスと、セクシーな悪役エイリアンを演じるララ・フリン・ボイルが来日。6月5日、フォーシーズンズホテル(東京・目白)にて、3人揃っての会見を行った。

前作に引き続き、本作でもテーマ曲を担当したウィル・スミス。俳優、ミュージシャンとしての成功の秘訣を聞かれた彼は「僕はパーフェクトじゃないとがまんできないから、とても努力をする。それでもうまくいかない時には、僕のせいじゃないと思ってあきらめるんだ」とおどけながらもマジメな一言。続いて、LuxのCMや「ツイン・ピークス」ドナ役で知られるララは、役作りについて「敵役だったけど、かわいくて憎らしい、女性らしい面を残すように気をつけたわ」とコメントした。また今回、新たに登場するMIBエージェント“F”について質問が及ぶと、ウィルは「時間には遅れるし、専用のトレーラーも持ってるし、全く彼はすばらしい俳優だよ。トミーやララと違って、読み合わせもしてくれないしね」と不満たらたら。さらに、トミー・リーも「彼は自分のイメージに敏感なエゴの強い役者」と真顔で語り、会場に集まった取材陣の笑いを誘った。というのも“F”とはパグ犬フランクのこと。最後にウィルは「彼も犬役ばかりでつらいと思うけど、がんばってほしいな」と締めくくった。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • オーディション
  • 喰女 ―クイメ―
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • ブロンソン
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • サスペリア PART2 完全版
  • フェノミナ
OSOREZONE

Powered by 映画.com