レニー・ゼルウィガー来日。「太るって楽しい!」

2001年7月17日 12:00

笑顔がとってもチャーミング
笑顔がとってもチャーミング

9月に全国東宝洋画系で公開予定の「ブリジット・ジョーンズの日記」のプロモーションのため、主演女優のレニー・ゼルウィガーと、プロデューサーのエリック・フェルナーが来日。7月16日、帝国ホテル(東京・日比谷)で記者会見を行った。

本作は、世界中でベストセラーになった同名小説の映画化で、原作モノにしては珍しく小説のファンが満足した映画として評価が高い。本作のために6キロ以上も体重を増やしたレニーは「太るのはとっても楽しかった。毎日ミルクシェイクを飲まなきゃいけないんだもの(笑)。でも、体重を増やすことは役作りの一部にすぎないのよ。リハーサルや毎日の撮影と同じようなもの。だから、これだけが特別辛いというわけじゃなかったわ」とプロらしいコメント。フェルナーは「最初はイギリス人女優を起用したかった。レニーはテキサス出身だったが、アクセント以外はブリジットそのものだった。彼女に出会えたことが最大の幸運だったんだ」と絶賛。最近は、「ふたりの男とひとりの女」「ベティ・サイズモア」とコメディエンヌとして引っ張りだこのレニー。「コメディは大好き。演じるコツがあるとすれば、それは自分で面白くしようとしないこと。脚本に書かれたことに忠実でいれば自然と面白くなるのよ」と話した。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース