劇場公開日 2021年8月6日

すべてが変わった日のレビュー・感想・評価

3.538
13%
59%
26%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全38件中、1~20件目を表示

3.5正義に固執する老夫婦VS辛酸を舐めてきた凶悪一家

村山章さん
2021年8月27日
PCから投稿

1960年代を舞台にしているが、映画のテイストは完全に激渋な西部劇。息子を亡くした老夫婦が、未亡人になった息子の妻が再婚相手と一緒に引っ越したと知り、孫のことが心配になって取り戻しに行く。ところが再婚相手の実家がかなり凶悪で、両者は凄惨なバトルになだれ込んでいく。

と、プロットはバイオレンス西部劇なのだが、この再婚相手の一家が、開拓民の辛い歴史と田舎のきな臭さを凝縮したような深い闇を抱えていて、トキシックな家父長制で結束をキープしている。しかも家長として暴力の連鎖を生んでいるのが、辛酸を嘗めながら生きてきた女性であるという歪み構造に着眼したのは、映画の功績なのか原作小説の功績なのか。

ただ、英国俳優のレスリー・マンヴィル演じるこのビッグバッドママ的存在は強烈なのだが、そちらを深堀りするより、自分たちの正義を貫こうとする主人公の老夫婦の方に比重が置かれているのは、少々勿体ないようにも感じた。とはいえこれだけ硬派でいぶし銀の映画がちゃんと今も作られて、日本の映画館にまで届いているのは、映画ファンとしてはとてもありがたいことでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
村山章

3.5魅惑の顔合わせで描く西部劇&サイコスリラーの妙味

2021年8月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

怖い

不慮の事故によって最愛の息子を亡くした老夫婦が、嫁の再婚相手が暴力夫だと知って、親の手元から可愛い孫を連れ戻そうとする。夫婦を待ち受けていたのは、狂気じみた母親に支配されたならず者一家だった、なんて、設定はまるで西部劇のよう。まして、父親は元保安官である。時代は西部劇の人気がすでに下降していた1961年。そんな時代の転換期に、もしも、善人と無法者の対決が場所と形を変えて存在したとしたら?と語りかける本作。同時に、息子の尊厳のため、孫の命を守るため、危険を冒して州境を越える老夫婦に件のヤバい一家が襲いかかるサイコパス・スリラーの要素が加わる。感傷的な前半と凄まじいバイオレンスにシフトする後半の対比が予想外で面白いし、何よりも、ケビン・コスナーとダイアン・レインというかつての青春スター同士が、理不尽に立ち向かう老夫婦を演じる姿が愛おしい。それは、多くの映画ファンがそれぞれの映画体験を振り返る時間でもある。ハリウッドスターには珍しく、いい塩梅に歳を重ねた2人の今後が一層楽しみになってきた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
清藤秀人

3.5【毒母が支配する狂気の家から愛するモノを命を賭け、救い出そうと奮闘する老夫婦の姿を描いたサイコスリラー西部劇。】

NOBUさん
2021年10月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

幸せ

- 久しぶりに正義感あるケヴィン・コスナーを観た。そして、ダイアン・レインは幾つになっても美しい。-

◆感想<caution 内容に触れています。>

・女家長ブランチを演じたレスリー・マンヴィルの狂気が凄い。荒野の一軒家は狂気の家だ。

・愛する息子ジェームズを荒馬調教の際の事故で失った元保安官のジョージ(ケヴィン・コスナー)とマーガレット(ダイアン・レイン)。
深い喪失感の中、義理の娘ローナはダニーと言う男と結婚し、愛する孫ジミーと家を出る。
- 序盤の描き方が粗いなあ。-

・ある日、街中でマーガレットが見たダニーがローナとジミーを平手打ちする姿。
心配になり、三人のアパートを訪ねると近隣の住民が"引っ越したよ"

◼️今作品はここから、怒涛の展開に突入して行く。ジミーの身を案じたマーガレットはジョージと共に、様々な伝を頼り、漸く三人がダニーの母達と住む荒野の一軒家を探り当てる。ここで登場する魔女の様なブランチが醸し出す狂気感が凄い。そして、彼女に育て上げられた息子達も・・

・ブランチの狂気が爆発するのは、ジョージとマーガレットが滞在しているホテルに深夜息子達とやって来て、ジョージの指を銃が使えない様に、叩き切るシーンであろう。
- ホラーか!-

<ここからは、ジョージも狂気に駆られ、孫と復讐の為に、ブランチの一軒家に夜中、単身乗り込んで行く。
朝陽が差し込む車中、涙を流しながら、ローナとジミーを連れ帰るマーガレットの表情が印象的的であった作品である。>

<2021年10月23日 刈谷日劇>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

3.5 あらすじを聞いて観に行きたくなった映画で期待通りだった。ケビンコ...

rakuさん
2021年10月11日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
raku

3.0いったい、なんだったんだ、この映画?

CBさん
2021年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

原題は「Let him go」(彼を手放す)。「彼」とは老夫婦の孫。
主人公の老夫婦ジョージとマーガレットは、息子ジェームズとその妻ローナ、孫ジミーの6人家族として、郊外の牧場で幸せに暮らしていた。ところがある日、息子が急死。妻と孫は、家を離れて街で暮らすことに。さらに新しい伴侶と出会って再婚し、新しい夫(ドニー)の実家があるノースダコタに引っ越して行ってしまった。ある日、新しい夫が妻や孫に暴力をふるっているところを目撃してしまった老夫婦の妻は、孫を取り返すべく、ノースダコタへ乗り込むのだった...
こう書いていても、なんだか変な話だなあと思えるが、さらにドニーを含む3人の息子たちを高圧的に支配し続けている一家の女主人ブランシェ、先住民だという理由だけで小さい頃から差別を受けて今は人里離れてひとり暮らしている若者ピーター、とさまざまな人が入り乱れ、マーガレットとジョージの夫婦対ブランシェ率いるウィーボーイ一家の壮絶な対決へとなだれ込んでいくのだった。

やっぱり、「なんだ?この話」だなあ。

でも観られることは観られるんだよね。それもけっこうおもしろく。警官をはじめとしたノースダコタの人々の不穏な態度は、見事にこちらを圧迫してくるし、ピーターとの出会いはなんだか雄大な自然の中でおおらかな気持ちになるし。たぶん、各シーンでの効果音というか音楽の妙があるんだと思う。

楽しんでおいて言うのはどうかと思うが、もしも「ひとことで言うとどんな映画なの?」と聞かれたら、俺は「きしょい映画(気持ち悪い映画)」と答えるだろうなあ。

J24さんのレビュータイトル「各々のキャラに感情移入しにくい部分はあるが...」は傑作だと思う。ほんとに、誰にも感情移入しにくい。なんでそうなっちゃうの? というトンデモ映画だと思う。そしてピーターの位置がまたわからない。なんのためにピーターをストーリーの中に配置してきたんだろう? それがまた絶妙に「なんだ?この映画」感を高めてくれている。

いやあ、不思議な話だった。そして観終わった感覚は、ちっとも爽快でもハートウォーミングでもありません。かといって、不思議な世界を体験した的な充実感もない。いったい、なんだったんだ、この映画?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
CB

5.060年代の埃臭い価値観に翻弄される親子を救おうと老夫婦が奮闘するもうひとつの『マン・オブ・スティール』

よねさん
2021年9月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

不慮の事故で息子を亡くした元保安官のジョージとマーガレットは自分達の牧場で息子ジェームズとその妻ローナ、そして孫のジミーと静かに暮らしていたが、ある日ジェームズが落馬事故で亡くしてしまう。数年後ローナは再婚することとなりジミーを連れて牧場を去るが、街でローナを見かけたマーガレットはローナの夫ドニーがローナとジミーに暴力を振るうところを目撃してしまう。ローナとドニーを救おうと考えたジョージとマーガレットはローナの住むアパートへ向かうが、そこはもぬけの殻でドニー達は実家に転居した後だった。二人は車に荷物を詰めて後を追うが、実はドニーの実家は地元で強大な権力を持つウィボーイ一家、絶対的な権力で息子達を従える母ブランシュは二人を笑顔で出迎えるが・・・。

舞台が1963年ということで、現代から見れば余りにも保守的な価値観に支配された世界。夫のいない牧場で肩身の狭い思いをすることに耐えられなかったローナを引き留めなかったことを悔いるマーガレットが物語を主導。道中で知り合う孤独なネイティブアメリカンの青年ピーターとの交流を交えてウィボーイ一家との対決を心に決める二人の勇姿はほぼウェスタン。しかしそこにあるのは派手な銃撃戦でも早撃ち対決でもなく静かで荘厳な終幕。地味ながらずっしりと重い余韻を湛えたドラマでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね

4.5得たものもまた人生か

MARさん
2021年8月28日
Androidアプリから投稿

事故で息子を失った老夫婦が、再婚した義理の娘と孫が行ってしまった何やらよろしくない家庭へ、孫を取り戻しに行く物語。

息子を失って3年、何となく哀しげで皮肉っぽい主人公夫婦。何がなんでも孫を引き取りたいマーガレットと、あまり乗り気でないジョージ。微妙に一致しない気持ちのまま、少ない手がかりでウィボーイ家を探すが・・・。

ストーリーは、終始曇り空な感じの陰鬱な雰囲気。非常に好みです。

のっけから義理の娘の2度目の結婚式。。
息子じゃない誰かと一緒になる。両親の心境はどのようなものか。

孫を取り戻す!って言っても、もっと穏やかな方法はなかったのかな~とも思いつつ、いささかディズニー映画のヴィランのようなブランチやその一家との緊張感はたまらない。

不穏な食卓・・・圧倒的不利な状況下でも言われっぱなしじゃないマーガレットに胸アツくなる!!

そしてローナとの関係性。彼女にとっちゃ残るも戻るも・・・とまでは言わないが、決してこの2人も良い嫁姑関係じゃなかった所も、物語を深くしていますね。

また、イマイチ信頼できない雰囲気、からのやっぱりヤバい奴だったビルや、弱気ながら心優しいピーターの存在感も抜群!!

ラストの山場からクライマックスの展開も、胸が狂おしくなること必須!!ジョージの決意よ・・・。

しかし何でしょう・・・

名優さんってのはどうしてこう、ちょっとした表情ひとつでも画を作ってしまえるのでしょうか。

演技とか全然詳しくないですが、本作の主人公2人はとにかく素晴らしいですね♪

それだけでなく、脇を固めるキャラクターも素晴らしかった本作は、間違いなく今年の中でも3本の指に入る名作になりそうです。

愛情深さは伝わりつつも、息子の死後何となく雰囲気の良くなかったふたりが、旅を通じだんだんと想いをひとつにさせていく様に涙が溢れた傑作だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
MAR

3.0ケビン・コスナーさん、ダイアン・レインさん

かんさん
2021年8月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

さすがの演技でした。
息子の死の理由が分かりづらかったです。
孫を助ける執念は、素晴らしかったです。
でもなぜ、あの家族は狂っているのでしょう?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
かん

3.5ノースダコタに焼かれて

2021年8月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

単純

ノースダコタの人と大地と風景の荒涼とした閉じられた世界の側面が目一杯演出、表現されている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケセラッセーラ

2.5名優が出てるけどまあ普通作

2021年8月14日
Androidアプリから投稿

名優二人がいい夫婦の味を出してはいるが、後半30分やっと活劇になるもベタな展開で、まあ普通作。『脱出』(72年)に出てきたような、アメリカの片田舎の頭のいかれた白人プアー層は見ていて腹立たしくなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ごまめ堂

3.5本当はどうすべきだったのか

ミーノさん
2021年8月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ミーノ

4.065歳ケビンコスナー

H1DE!さん
2021年8月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

ケビンコスナーカッコ良すぎだろ

孫を守る祖父母
カッケ〜!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
H1DE!

4.5夫婦の勇気は肯定されるべきだ

2021年8月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 英語で「Let me go」というと「私を行かせて」と直訳するよりも「離して!」としたほうがいい場合がある。本作品の原題「Let him go」はどうだろうか。「その子を離しなさい」または「その子を離せ!」くらいでいいのではなかろうか。
 しかし邦題は「すべてが変わった日」である。その意味は映画の序盤で解るが、本当の意味ですべてが変わった日はその3年後だ。前半はある意味で静かに時が過ぎていくが、後半には怒涛の展開が待っている。この邦題は悪くない。

 今日では社会が毒親から子供を守るのがひとつの方向性として主流になっていて、十分とは言えないけれども行政がその任を担っている。しかし本作品の舞台となった1963年は、児童虐待という概念さえ、社会が共有していなかった。それは日本も同じで、本来の意味での児童虐待防止法が交付されたのは2000年になってからである。
 本作品は毒親の親も毒親だったという絶望的な状況で、ダイアン・レインが演じた主人公マーガレットは、ケヴィン・コスナーの演じる夫ジョージとともに途方に暮れる。警察は助けてくれるどころか他所者として排除しようとする。先住民の血を引くピーターは本作品の象徴的な存在だ。この時代で児童虐待とたたかうには、本作品のような展開しかなかったのだろう。その意味での説得力はある。

 ダイアン・レインとケヴィン・コスナーの芝居が本当に上手で、もはや長年連れ添ってきた夫婦にしか見えない。そして長い年月を経てもなお、お互いを知ろうとする。人には配偶者にも言わない秘密があるのだ。
 この穏やかな夫婦のどこにあれほどの勇敢さが宿っていたのか。夫ジョージには結末が見えていたように思える。しかし突き進んでいくマーガレットをどこまでもサポートする。マーガレットは常識人としての自分に自信を持ち、王道を進めば道は開けると楽観しているが、ジョージは30年間の保安官としての経験から、人は善人ばかりではないことを知っている。

 ネタバレになるのでこれ以上書けないが、本作品は扱っている問題の深刻さもさることながら、ストーリー展開が波乱万丈で、平凡な夫婦が強力な相手に立ち向かっていく。その勇気は肯定されるべきだ。
 東京では3館しか上映しておらず、上映期間も長くないと思われるが、そういう作品に限って屡々名作がある。本作品もそのひとつだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
耶馬英彦

4.5隠れた名作。しかし、ポスターのキャッチコピーには強い疑問。

2021年8月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
オワキムハンセン

4.0【アメリカの苦悩】

ワンコさん
2021年8月12日
iPhoneアプリから投稿

この作品は、現代のアメリカの置かれた状況を、60年代に置き換え、もしかしたら、取り返しのつかないところまで行き着かないとダメなのかもしれないという苦悩を表現したスリラーなのだと思う。

公民権運動の広がっていた60年代のアメリカは、白人の既得権を守ろうとする勢力が非常に強く、多様性が当たり前になろうとしている現代において、白人至上主義者が強く抵抗している様と非常に酷似しているのかもしれない。

家父長制の色濃く残るウィーボーイ家。
父親が亡くなり、母親が家父長の代わりだ。

安倍晋太郎が亡くなり、未亡人で安倍晋三の母親、そして、岸信介の娘が、安倍家を影で仕切り、岸家の復活を目指しているのを考えると、日本でも似たようなことはあからさまに行われている気がする。

この作品に戻って考えてみると、このウィーボーイ家と対峙しようとするブラックリッジ家も、家族のヒエラルキーを重要視していたという側面もあり、昔からリベラルというわけではなかった。

しかし、時代の変化とともに、変わっていく価値観も受け入れなくてはならないのだ。

インディアンの土地を収奪したことも振り返るべきだ。

しかし、トランプにリードされて抵抗を強めている伝統的な家父長制に基づいた価値観がモチベーションの白人至上主義者たち。

連邦議事堂に侵入して破壊行為を行ったトランプ支持者は、ジョージに手斧を振り下ろしたウィーボーイ家の連中のようだ。

これを止める為には、眼には眼を、歯には歯をのような行動しかないのだろうか。

取り返しのつかないところまで行き着かないと、争いは止まらないのだろうか。

幸いなことに、まだ、血で血を洗うような状況にはなっていない。

だが、緊張は続いていて、万が一の事態を否定出来ない苦悩をアメリカは抱えたままなのだ。

前に上映されていた「クローブ・ヒッチキラー」も、アメリカの、こうした家父長制が色濃く残る白人社会の歪んだ側面を見せた映画だったと思う。

娯楽スリラーとして云々するのも良いけれど、もう少し視点を変えて、考えてみるのも良いのではないかと思う作品だ。

ところで、ケビン・コスナーは、やっぱり横顔がカッコいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ワンコ

3.5両方の視点で考察すると…

jetさん
2021年8月12日
iPhoneアプリから投稿

どっちもどっちじゃん?!って気もする。
ケビンコスナーも社交的ではない故の誤解(式に招待しないとか)あったし、あっち一家はやりすぎだし。
舞台は昔にしてるけど何十年経っても全く現代のアメリカに当てはまっているのが最大のサイコスリラー。プラス人種間、宗教の問題も絡んでより複&雑に…
ノースダコタの広大な自然は美しい。アメリカ版「北の国から」。
唯一、先住民の青年の幸せを祈る気持ちで劇場を出た。
ダイアンレインはその後幸せになれたのか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jet

3.5うーん、惜しい!雰囲気は◎。コスナーもカッコいい!

2021年8月11日
iPhoneアプリから投稿

タダごとじゃない、突き抜けた不穏な事件が起こりそうな予告編から、期待値上がってましたー!
土臭くてドロドロしてそうなのに、ケビン・コスナーとダイアン・レインが出演するという、そのギャップがどう生かされてるのか凄く楽しみにしてました。

○まず、コスナー。年取ってもかっこ良さは変わらず。体の線もそんなに崩れていなくて、ガッチリ頼れる男という感じ!→でも行動が(^◇^;) 奥さんの尻に引かれて言われるままに残念な結果に…。元保安官であれば、もう少しやりようがあったのでは?あれじゃ撃沈するのは当たり前かと。
○ダイアンレインも美しさと上品さはそのまま。→暴れ馬を調教する仕事をしているというだけあって、ジャジャ馬感を押し出している。が、上品さが邪魔してる。コスナーを振り回して、最後は悲しい結末にしてしまう行動に共感できないのと、その後のいまいち反省していない感じに違和感。
○謎の一族の圧が凄い。ある意味、善悪対照的なおばあちゃん対決とも言える本作。特に一族牛耳る怖〜いおばあちゃんの存在感が半端ない。→意図的なのか、一族の背景が全く説明されておらず、何故ここまで警察にも顔が効いてるのかわからずモヤモヤ。
○原住民の青年、DV夫婦の描き方が薄く勿体ない。特に義嫁と孫が夫からの暴力を受けて、それを救出するのが目的なのに、その場面は一度だけ。

とはいえ、もし自分の孫が同じような状況下に置かれていたら、どんな行動が取れるのか? このテーマを考えたことが無かったし、他の作品でも観たことがありませんでした。この春、初孫誕生したばかりで、身につまされました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ちゃっぴー

3.0立ちはだかる鬼女

bionさん
2021年8月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

 ダイアン・レインの手綱さばきに惚れ惚れしてしまった。まさにカッコいい歳の取り方。

 マーガレットは、何も言わずに引っ越してしまった義理の娘夫婦と孫を探す事を決意し、ケビン・コスナー演じる夫を暴走気味に引っ張っていく。だが、その先にはカルト教祖的に一族を支配する鬼女ブランシュが立ちはだかる。

 マーガレットとブランシュの最初の鍔迫り合いは、見ているこっちがいたたまれなくなるくらい迫力満点。切れ味抜群の言葉の応酬だから、下手に近づくと火傷しちゃいそう。

 最初の山場とクライマックスは、息を飲むくらい空気が張りつめるんだけど、それ以外のシーンがゆったりとした音楽も相まって眠気を誘う。

 ケビン・コスナーとダイアン・レインを観たい僕にとっては、それなりに満足。そうじゃない人はどうなんだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
bion

3.5終始暗く重い

2021年8月10日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 31 件)
Oyster Boy

4.0悪人たちとの対決が鈍い余韻を残す逸品

2021年8月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

夫婦役がお似合いのダイアン・レインとケビン・コスナーが再共演。夫婦愛に溢れてはいるものの、今作の二人の運命は厳しかった。

息子を落馬事故で亡くし、息子の嫁さんは危険な家族の息子と知らずに再婚した。

元嫁と孫を理屈が通じない暴力的な家族から救おうとする老夫婦にエールを送った。

う〜ん、これは好きだった。元保安官のコスナーが悪人たちと対決するクラシックスタイル。決してハッピーとは言えないエンディングが鈍い余韻を残した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
エロくそチキン
「すべてが変わった日」の作品トップへ