劇場公開日 2021年6月26日

夢幻紳士 人形地獄のレビュー・感想・評価

2.55
11%
22%
22%
45%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全5件を表示

1.5題材と人形になりきる人間のビジュアルは◎、だが…

015🎬さん
2021年7月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

観終わってからこの監督のオリジナル作品を観ましたが(『怪盗アンコはおわる、はじまる』)、正直、オリジナル作品の方が脚本の運びも撮り方も全然面白かったです。こっちの映画でも皆木正純氏が探偵役なんですけれどね。帽子被ってる探偵。喋り方と雰囲気もなんか似てます。でも全然自然。

原作未読です。割とこういった系統の映画は結構観ますし、他の方が挙げられていた市川崑監督の映画も観ています。『犬神家の一族』とか。
率直に感じたままのことを申し上げますと、資金不足を感じさせる撮影環境と、劇団チックなキャストさん達の動きが微妙。
エンドロールからして、恐らくはクラファンで製作費を募られたのでしょうが、豪邸設定なのに邸内の環境が寒々しかったり(小道具が足りない)、昔の物と現代の物が変な感じで入り乱れていて、観ていて非常に落ち着かない。
周りがレトロなものに囲まれているのに、人形が入っている箱がやたらとチープな感じするとか、邦画を見るなら美術担当さんの全力投球が見たいと思い込んでいる自分にとっては、かなりに、非常に厳しいもんがありました。
製作費が足りずに中途半端な環境になるのであれば、もっと定点で話を運ばせて、小道具にお金をかけた方が良かったのでは…と思ってしまった。
結構無駄に背景が動くので(さっきまで大部屋で寝ていたと思ったのに、次の描写では個室設定になっている等)、正直その辺も資力不足をごまかすためかなと勘繰ってしまいました。

あと、キャストさんの件。
探偵役の皆木正純氏への違和感はなかったです。
他の方は…ホントごめんなさい。ちょっと昔の劇みたいな大袈裟なモーション過ぎて、観てて疲れちゃいました。
ただ動いている場面はひたすら違和感ですが、静止画であれば受け付けるところは多いです。
特に雛子の能力によって人形にされた女子。倒れた後の表情が本当に人形みたいです。
そこは良かった。

結論として―
題材と静止画の素材としては良かったですけれど、映画としては何で楽しめば良いのか分からなくなる感じです。
ただ原作には興味を持ちました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
015🎬

2.0脚本が合わなかった(原作既読)

さん
2021年7月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

わたくし“陽炎座”などの鈴木清順監督や”書を捨てよ町へ出よう”などの寺山修司監督を好む者
原作者が弟子より弟子してると言う様な旨で褒めていた由
故に鑑賞しに参った次第
この映画は…!

Z級大好きマンでもオススメできないぜ…
漫画などの実写で喜ばれる要素とは
・(原作と違っても)単純にシナリオが面白い
・原作再現が素晴らしい
・原作を知ってればニヤリとできるシーン
・通しは駄目だがアクションなど何か一つ眼を見張るものがある…などが挙げられるが…

まずは良いところから
江戸川乱歩作品のような幻想怪奇、もしくは猟奇、耽美の怪しい雰囲気作りはGood
キャストらの演技は超一流でGood
しかし…
今作は怪奇篇の老夫婦と人形地獄を合わせた再編である。
新しく映画の尺用に作られたシーンは冗長でテンポの悪い仕上がりとなっている。まさしく改悪と言っても過言ではない。
脚本は展開の山場などの起伏がなく退屈
長い間のとり方は作品を間延びさせたような雰囲気にさせ視聴者を眠りへ誘う!
物語に起伏が無いためか賑やかしのキャラがいるが、恐らく多くの方は[特定キャラ不快]位にしか思わなかったことだろう。
そういったキャラがまた実に演技力が高すぎてストーリーにメリハリのないこの映画では浮いてしまう
鈴木監督の浪漫3部作は素人目でも色合いがよく構図がいいと感じさせられるシーンが多くある。
だがこの映画にはそれがない。わたくしが素人で普段Z級ばかり見ているせいかもしれませんが。
まぁ一言で言うとわたくし的には脚本が一番ダメでしたね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あ

1.5長く感じた

2021年6月27日
PCから投稿

原作ファンの監督さんが作られたとのことで、怪しく不思議な雰囲気の再現には成功していたと思う。
昔の市川崑による金田一映画のような、陰影を伴った空気づくりなどは上手い。

しかし、おそらく原作が好きすぎて、自己解釈が乗って「足しすぎた」印象も同時に。

また、カット割が悪く思えた。
カメラの台数が少なく長回しが多いのは、おそらく限られた予算の中で納めるためと、効果を狙ったようではある。
また、「間」で魅せる演出も多かった。
これらが、自分には退屈さを覚える要因となってしまった。

役者の顔つきや、光の具合、背景の緑(季節)がコロコロ変わるので、統一感がなく、気になって没入できない要因になっていた。
舞台挨拶で分かったことだが、月1~2回の機会で撮り、年単位の撮影期間になったらしい。
予算で苦しんだのかもしれないが、「役」がブレてしまったのではないか?

結果、自主制作映画みたいな拙さと、同人誌のような二次創作感が滲み出て、90分の作品ではあるが3時間くらいあったように長く感じた。
テレビやVシネ向きに、45分くらいでまとめていたら、好きな作品になったかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 36 件)
コージィ日本犬

4.5続編希望!!中々の面白さ!

2021年6月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

単館上映の初日に鑑賞。

個人的には、続編に期待だし、TVでも観てみたいくらい面白かった。
最近NHKで「岸辺露伴は動かない」や「人間椅子」が好評を得ていたが、そのテイスト。
「大人っぽい日本映画」が苦手な人の評価は低そう。

横溝正史や江戸川乱歩的な世界観だが、日本人が感じるであろう、程よく心地よい古さを残しながらも古臭く無い。
世界各国で優秀賞や審査員特別賞、外国映画主演男優賞やBest Costumeやベストヘアメイクアップ賞を受賞しているだけあり、小技が効いていて、小気味良くシンプルでクールな画像が続く。
監督が、原作者の高橋葉介先生の大ファンとの事で、至る所に片鱗が見えつつも、高橋先生のファンや、映画好きな人が納得出来るオリジナル要素や「そう来るか!?」と驚く改変も盛り込まれている。
元が短編漫画なので、「こんな見事に肉付け出来るものか?!」と、驚く仕上がりかと思う。
ストーリーに一本芯がありまとまっている中に、飄々としつつも紳士的な振る舞いの、主人公である夢幻魔実也のやや使い勝手の悪い不思議な力が際立つ。
若い人や子供向きではなく、完全にアダルト向きだが、過激描写は無く、演者の演技力がビリビリ伝わってくる良作。
皆んなハマり役だなぁと思うし、特に女優さんがどなたも素晴らしかった。
上映時間も丁度良く、渋さの中にセクシーさが漂う夢幻魔実也役の皆木正純さんも、眼に楽しい。
派手さや過激表現はほぼ無いが、大人が楽しめる娯楽作品として、かなり面白いと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 34 件)
Lucky☆Blue☆Bunny♡

1.5指環vs能力

Bacchusさん
2021年6月26日
Androidアプリから投稿

怖い

単純

原作未読

他人の心が読め、暗示をかけることも出来る探偵、夢幻魔実也が、人形になる暗示をかけられた少女を救う為に行動する話。

狂犬のオッサンや付き纏う男との過去等から主人公の能力が何とな~く判り、少女の記憶を覗いて繫がって…。

ストーリー自体はドロっとしてはいるものの単純だし、主人公の活躍もかなりあっさり。
その割に雰囲気づくりに力を注いでいるからか、説明的で口説くてテンポが悪い。
結末もちょっと中途半端…というか過去の話含めてああすればこうすればと思うことが多々だし、みせ方、表現の仕方がイマイチしっくり来ない。

全体的にダラダラ&ヌメ~っとしていて、盛り上がりに欠けた印象かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Bacchus
「夢幻紳士 人形地獄」の作品トップへ