陽に灼けた道

劇場公開日

17%
50%
33%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「巡礼の約束」「草原の河」などで注目を集めるチベット人監督ソンタルジャが2010年に手がけた長編デビュー作。自分の過失で母を死なせてしまった青年ニマ。自責の念に苛まれ聖地ラサへ巡礼の旅に出るが、苦しみは消えない。帰り道、ニマは不思議な老人と出会い……。2011年・第30回バンクーバー国際映画祭アジア部門で新人監督賞を受賞した。特集上映「映画で見る現代チベット」(2021年3月13日~4月2日/東京・岩波ホール)で劇場初上映。

2010年製作/89分/中国
原題:The Sun Beaten Path
配給:ムヴィオラ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0台詞のほとんど無い主人公

momo8さん
2021年5月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
momo8

4.0圧倒的なチベット

2021年4月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
国立大学国際ビジネス研究会

4.0私達にはわからない苦悩

redirさん
2021年3月29日
iPhoneアプリから投稿

ラサへの五体投地の巡礼を終えた帰りのバス、というのが、面白い設定だ。そしてラサへの巡礼をもってしても、満たされず罪を軽くすることも希望を抱くこともできなかった青年。気が良さそうで少し不器用な感じだ。ラサの街での暮らしが村の昔ながらの暮らしと比べ薄っぺらいことに不満を述べる母。富や便利さや新しい生活をもとめる若い世代がこの青年の姉や、バスに同乗していた老人の娘、という出てこない人々により現れる。村での生活は自給自足助け合い近代的な利便性を補い年寄りから子どもまでそこには分断がなく、ラサのような街へ出て行った娘や息子たちとは一晩ニ晩で亀裂と分断ができてしまうようで、このような設定が面白い。老人が知り合う子ども、主人公の青年を迎えに来る子ども。子どもを見ているだけで可愛くてたまらないという老人。無口に人との交流を避けながらも老人と帰路の旅を図らずもしてしまう青年。彼は罪の意識巡礼をしても癒されず満足できず自分を許せなかったが、老人や子どもとの関わりの中で、都市的な現代的な孤独の世界ではなく、伝統的というにはあまりに平凡に毎日が連続して何世代もつづいていく村の家族のもとへ、帰還していくのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
redir

3.0車だと速すぎるんだ

Imperatorさん
2021年3月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Imperator
すべての映画レビューを見る(全5件)

他のユーザーは「陽に灼けた道」以外にこんな作品をCheck-inしています。