AK-47 最強の銃 誕生の秘密

劇場公開日

解説

史上最も大量に製造・拡散されたアサルトライフル「AK-47」の開発者ミハイル・カラシニコフを描いた伝記ドラマ。独ソ戦争下のソ連。戦車担当の兵士ミハイル・カラシニコフは被弾して重傷を負い、前線から引き戻される。入院中、彼は後に世界中で使用されることになる武器の最初のスケッチを描く。カラシニコフ役に「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」のユーリー・ボリソフ。「のむコレ2020」(20年10月9日~/東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋)上映作品。

2020年製作/104分/G/ロシア
原題:Kalashnikov
配給:カルチュア・パブリッシャーズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)LLC, RB PRODUCTION, 2020

映画レビュー

5.0最高のプロパガンダ映画

2022年5月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャワカレー澤田

3.5新しい自動小銃の発明者を珍しく?主人公に据えたロシア映画

Kazu Annさん
2022年5月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
Kazu Ann

4.0思ったより丁寧

ほんげさん
2022年4月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

知的

派手な戦争映画ではなく、銃と向き合った映画で見入ってしまった。風立ちぬに通じるものがあるのかなと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ほんげ

3.5機械設計のアイデアマン

佐ぶさん
2022年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

萌える

ほぼ、AK47のプロジェクトX的な感じだが、多少なり銃や機械に興味のある男子なら楽しめるはず。
カラシニコフさんは、追放農家の生まれで学校も7年生で中退だったんですね。文字の読み書きすら怪しく製図はもちろん書けない。でも、機械構造のアイデアマンだった。今までにない設計思想やアプローチは、従来の知識や小手先のテクニックを持ち合わせてないからこそのものだったのかもしれません。
学のないカラシニコフが認められ、何度も挫折しながらも周りの期待が彼を成長させAK47までたどり着くまでの流れは、当時のロシアの風通しの良さを感じさせます。

ひとつ気になったのは、カラシニコフの実家はアルタイからシベリアに追放されてるのに、実家がアルタイにあることになっていること。追放農家の出であることはセリフで触れられているのに、アルタイのままでは不自然すぎる。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
佐ぶ
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る