ねばぎば 新世界

劇場公開日

  • 予告編を見る
ねばぎば 新世界
9%
48%
39%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

俳優・脚本家・監督として活躍する「ひとくず」の上西雄大が、大阪・西成を舞台に描いたアクションドラマ。上西がメガホンをとったほか、赤井英和とともに主演を務めた。大阪新世界。かつてヤクザの組を潰しまわっていた村上勝太郎(通称・勝吉)は、ボクシングジムを営んでいたが、ジムで練習生が覚醒剤取引をして逮捕されたことからジムを畳み、幼なじみの経営する串カツ店で働いていた。ある日、新世界を逃げる少年・徳永武に出会い、勝吉は声をかけるが武は逃げてしまう。また別の日、刑務所の慰問に誘われた勝吉は、かつてともにヤクザを潰してまわった弟分・神木雄司(通称・コオロギ)と再会。その後、釈放されたコオロギは勝吉とともに串カツ屋で働き始める。そして、武が悪徳宗教団体に捕まっていることを知った勝吉は、コオロギとともに悪徳宗教団体へ乗り込んでいくが、そこで2人の前に立ちはだかる女幹部のチャマリは、かつて勝吉をボクシングの道へ導いた元チャンプの娘・琴音だった。

2020年製作/118分/G/日本
配給:10ANTS、渋谷プロダクション

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0レビュー7本目😒😝✨

2021年9月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

ねばぎば~(歌ってるの赤井さんかな!?)熱い歌謡ロックを背におっさん二匹が大暴れ!

主演は浪速の“ロッキー”赤井英和さんとひとくずの上西雄大さん(上西監督は脚本、プロデュースも!)

ひとくずは池袋のシネマ・ロサで見たんですけど、ねばぎばは新宿のK's cinemaで。

本当は8月15日に行きたかった😢(上西監督はじめ出演されてる俳優さんたちに会えた!)

菅田俊さん悪いなーどう見てもガチやなー笑

本当に実力があるバイプレーヤーたちが集まればこれだけクオリティが高い作品が生まれる。

面白かったです!

上西監督の次回作もすごく楽しみ、応援してます🧸✨

ちなみに和泉修さんはいなかったです笑(関西出身で自分世代とかやと赤井さんが出てる番組には必ず和泉修さんがいるイメージ!笑)

〓Twitter、Instagram、noteもやってます!

☆Twitter 青空ゆき ☆Instagram 青空ゆき ☆note 青空ゆき

良かったら検索してみてください🐈✨

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
青空ゆき@映画とたぬきを愛する人🎫

4.0男粋の集大成

2021年8月18日
iPhoneアプリから投稿

良い意味でのアナログ感が
任侠映画 の濃度を増す。
荒削りな分、男粋が活きる。
映画の表現力の広さを感じた!
楽しかったです!

って言うか赤井英和さん
上西雄大さんの存在感の凄さって何でしょう?

これが本当のバディムービーです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
溶かしバター大盛りポップコーン

3.5バイオレンスコメディで面白かった

りあのさん
2021年8月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

興奮

萌える

大阪新世界で、かつてヤクザの組を潰しまわっていた勝吉は、ボクシングジムを営んでいたが、ジムの練習生が覚醒剤で逮捕されたためジムを畳み、串カツ店で働いていた。ある日、刑務所の慰問に誘われた勝吉は、弟分のコオロギと再会し、その後、仮釈放されたコオロギは勝吉と同じ串カツ屋で働き始めた。そして、以前会った少年・武が悪徳宗教団体に捕まり虐待を受けていることを知った勝吉は、コオロギとともに宗教団体へ乗り込んでいくが、そこでかつて勝吉をボクシングの道へ導いた元チャンプの娘・琴音が教団幹部としていた。武を救い出せるか、という話。
バイオレンスコメディで、あるあるのストーリーだが、笑いも入ってて面白く観賞出来た。
興信所の娘役徳竹未夏が存在感ある演技で良かった。
赤井、上西、坂田、神戸、田中、有森、西岡など、出演者の好演も光る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
りあの

3.5親分〜❗️

eigaeigaさん
2021年8月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

昭和感あふれる新世界で繰り広げられる暴力、暴力、暴力…。
こんなに暴力あふれる映画なのに、不思議と野蛮な感じや、下品な感じがないのは、主演の二人が純粋さを醸し出しているからかもしれません。すぐ近くの人が、途中でいびきをかいて寝ていたのは、殴り合いの、ボコボコというリズムが心地よかったからでしょうか。途中、寝てしまっても、多分、話はわかると思います。
表情豊かに、親分を慕うコオロギを演じる上西さん。正反対に、どの場面も同じ表情でセリフ棒読みの赤井さん。これは、けなしているのではなく、「これでええんや」という、安定感につながっていました。シャブ中なのに禁断症状がないとか、向かってくるヤクザがやたら弱いとか、細かいところは力技で有無を言わさず展開していくところ、よかったです。
先月見た、「ライトハウス」が、難しかったのですが、頭を使わず見られる(上西さん、ごめんなさい🙏でも、褒め言葉です)この映画は、夏バテしていても十分、楽しめます(^^)
舞台挨拶で、上西さんと、徳竹さんが来られていて、嬉しかったです💌上西さんは、爽やかな感じ、徳竹さんは、スクリーンの中よりずっと若々しく、美しかったです😘
続編も考えておられるそうで、楽しみです😙
インクラモイゾ〜インクラモイゾー😇

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
eigaeiga
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ねばぎば 新世界」以外にこんな作品をCheck-inしています。