デヴィッド・ボウイ 最後の5年間

0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

2017年製作/89分/イギリス
原題:David Bowie: The Last Five Years

スタッフ・キャスト

監督
フランシス・ホワットリー
製作
フランシス・ホワットリー
製作総指揮
フィル・ドーリン
編集
ジェド・マーフィ
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0笑顔でさよならができます

白波さん
2021年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

復帰したものの、ほとんど露出していなかった(そもそもしてませんが)時期を映し出したドキュメンタリー。
BBCで制作されていたのは知ってましたが、ここにきてプライムで観れるとは思いませんでした。
冒頭、自宅前に追悼しに集まった人たちの映像から始まるんですが、これがもう何だかそれだけで辛かった。
大まかにリアリティツアーのリタイアからが語られており、そこからの沈黙と復帰・水面下で動いていたアルバム「ネクストデイ」とミュージカル「ラザルス」制作の流れが見えてきます。
映像に出てくる楽曲も「ヴァレンタイン」の後に「ファイヴイヤー」など時代を前後に散らす構成が見やすい。
あと親日家のボウイらしく、日本の映像も入るのが素直に嬉しかったですね。
それと「ネクストデイ」アルバムアートワークの話も出てくるのですが、ここが実に興味深かった。
自分の職業柄もありますが、あれだけアルバムアートワークの別案(いわゆるボツ案で普通は絶対見れる事はない)が見ることができたのは実に魅力的でした。いや、あれはすごかったです。
そしてラストがまた気の利いたインタビュー入れてくるんですよ。えらい若い頃のでしょうけど「死後どのように記憶されたい?」って質問してるんですけど、この答えが最高。よくこんなの見つけてきたものですよ。
単純に興味がある人もですが、亡くなった当時の喪失感がまだ少しでも残っている人は観た方が良いです。
何かストンと落ちたようになりますし、笑顔でさよならができます。
晩年に集中しては居ますが、実に良いドキュメンタリーでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白波
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る