劇場公開日 2020年11月13日

「ノンストップ!」シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい! Imperatorさんの映画レビュー(感想・評価)

3.725
23%
58%
13%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0ノンストップ!

Imperatorさん
2020年11月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

最初からラストまで、ノンストップで駆け抜けていく刺激的な作品だった。
ミシャリク監督が、映画「恋におちたシェイクスピア」にインスピレーションを得て作った、2016年の舞台作品を自ら映画化したようで、どうりで展開が“こなれて”いる。

しかしそれだけではなく、舞台背景が急にモアサックの修道院の実景になったり、CGで“ベルエポック”のパリ風景を再現したり、スピード感のあるカメラワークなど、映画にしかできないことを、ふんだんに利用している。

映画の前半では、ロスタンが現実生活から、「シラノ・ド・ベルジュラック」のストーリーに係わるインスピレーションを、次々に得ていく。
この映画が素晴らしいのは、その現実生活のシーンと、映画の後半の舞台(劇中劇)のシーンとを合わせて、全体として「シラノ・ド・ベルジュラック」という戯曲を再現、そしてロスタン自身を主人公にしたニューバージョンを完成していることである。

その他、サラ・ベルナールがロスタンの“保護者”として現れたり(これは史実らしい)、なぜかチェーホフが登場してロスタンに「死」について示唆したり、「フレンチ・カンカン」が出たり、ラヴェルの「ボレロ」が鳴ったりと、もう盛り沢山の、やりたい放題であって、退屈するヒマがない作品であった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 28 件)
Imperator
「シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!」のレビューを書く 「シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!」のレビュー一覧へ(全25件)
「シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!」の作品トップへ