劇場公開日 2021年1月15日

キング・オブ・シーヴズのレビュー・感想・評価

2.920
3%
38%
49%
5%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全20件を表示

3.0いぶし銀の名優たちが揃い踏み

2021年1月27日
PCから投稿

英国映画でお馴染みの”いぶし銀”の男優たちがここに勢揃い。とりわけ、Fワードを口にしつつ、そこに気品すら漂わすマイケル・ケインの存在感は流石だ。他にも、ジム・ブロードベント、レイ・ウィンストンらの登場に合わせ、若き日の出演作の映像を挟み込みながらキャラを肉付けしていく趣向が面白い。願わくばこのまま彼らの演技の応酬にじっくり身を委ねたいところなのだが、しかし背後にガンガン響く60年代音楽、どこか早足な編集、安易な年寄りネタが、その”ゆとり”をいささか邪魔してしまっている気も。確かに題材、キャストを調理する上でこのサジ加減は難しいところ。ベテランのマーシュ監督もかなり苦労したのではないか。などと注文つけるとキリはないのだが、贅沢さえ言わなければ、彼らがただそこにいるだけでまずは楽しい。特に終盤、各々が歯ぎしりさせながら本性を剥き出しにする辺りは真骨頂と言えよう。その顛末を優しい目で見守りたい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信

3.5お年寄り泥棒集団

tomさん
2021年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

お年寄り泥棒集団の話。
貸金庫から現金・金塊・宝石類を鮮やか(?)に盗み出す
この年寄りたちは、実在の泥棒たち。
「年寄りあるある」を交え、仲間を猜疑心の塊で見るので
すごくリアルな姿のお年寄り泥棒集団でした。
それぞれの俳優の若いころの画像を効果的に使って
おしゃれな感じの映画になりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tom

3.5もうひと堀欲しかった

hkr21さん
2021年1月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

平均年齢60歳で、あの強盗をやってのけるとは…。

もう少し、それぞれの強盗を犯すに至った心理を知りたかったかも。
お金に困っていたからなのか、昔の栄光や快感、
スリルを味わいたかっただけなのか、暇潰しなのか、
それぞれだとは思うけど、それなりに今の生活は安定していた者もいたよね?!

そして ポッとでの若者に振り回されたのは、耄碌したせい?
百間練磨の彼らが、あんな若者に?!
ちょっと悔しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 28 件)
hkr21

3.5老人コント

2021年1月23日
iPhoneアプリから投稿

予告編でイメージした、老人版「オーシャンズ」ではなかった。

『ハットンガーデン・ジョブ』って映画と同じ実際の事件を使いながらも、志村けんと加藤茶の老人コントみたいな「老醜」コメディ仕立て。

盗み出した後が長かった。
盗品をちょろまかし合ったり。
お互いの悪口を言い合ったり。
二枚舌の騙し合いに、誰がリーダーか、誰が取り分多くできるかなんてマウント合戦が続く。

気持ちは若いが、身体はいうことを聞かず、意固地かつ視野狭窄を起こした年寄りの姿は、自分もこうなるのかな、と微妙な気持ちにさせられました。

「うちのおじいちゃん、杖ついてまともに歩けないのに、若い女の子と浮気しちゃって、肉体関係あるみたいなんだ」みたいなとこを眺めているような、まんじりとしない感覚がつきまといました。

コメントする
共感した! (共感した人 35 件)
コージィ日本犬

3.0結局のところ…

peanutsさん
2021年1月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

老人の犯罪と言うことで擁護的な内容があるのかと思ったらどの老人も信用ならないやつらばかりだった…結局のところこの犯人達は生涯通じて悪人だったと。犯罪後の人間関係が面白かったかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 35 件)
peanuts

3.0余生

U-3153さん
2021年1月21日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 37 件)
U-3153

3.0老いてもなお・・・

2021年1月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

2015年、ロンドン最大の宝飾店街の貸金庫から現金や宝石約1400万ポンド(20億円)が盗まれた「ハットンガーデン事件」。その金額の大きさとともに窃盗団の平均年齢が60歳を超える高齢者集団だったことが注目を集めた事件を基に、アウトサイダーの本質に迫った作品。
特に緻密な計画を立てたわけでもなく、迅速に窃盗行為を実行しだした場面には少し面食らった。この映画の本質は寧ろ、その行為よりも人間ドラマを描きたかったのだと推測したのだが、どうだろうか。
にしても監視カメラ、車の登録ナンバー等々、あからさまに素性が明らかになる事を予測してない無防備さは年齢的なものから来るものなのか。
結局若い警報機のプロだけが国外逃亡に成功し未だ逃げおおせていたのが象徴的。残りのメンバーは自宅で一斉逮捕。もしかしたら途中から単独行動に出ていたマイケル・ケインだけがどんでん返しで警察を出し抜くのではと期待したがあっさりと逮捕されたのは意外であった。
ラストは公判に向かうメンバーたちが囚人服からスーツに着替えをするところ。マイケル・ケインが、”刑務所の暮らしより死後が心配”と言ったのが印象的に残った作品であった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 36 件)
オクやん

2.5面白いのは犯行後

kenshuchuさん
2021年1月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 38 件)
kenshuchu

3.0捕まるの覚悟の上か。

2021年1月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

実話だし、年配者だし、ド派手な映画じゃないのは予想どうり。こんなもんでしょう。防犯カメラなんてほとんど気にしてないね。ほとんど会話せず淡々と犯人を割り出すの警察の動きがいいな。
ラストの若い彼らの映像は本人なのかな?
シャーリー・バッシーの挿入歌は
「ゴールドフィンガー」ならバッチリだったけど権利関係とか難しい?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 37 件)
あらじん

3.0少し通じ難いところがあった

2021年1月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 タイトルの直訳は「泥棒の王様」で、華麗に盗みを決める洒落た老人たちの話かと思っていたが、所謂泥棒アクションとは一線を画していて、互いの欲のせめぎ合いと、主導権の取り合いが演劇のように展開する作品だった。
 本作品を観て思い出した小説がある。SF作家星新一ショート・ショート「成熟」という作品だ。3人の男が強盗に成功し、隠れ家で一人ずつ順番に見張りに立つが、残りの二人が見張りの男を殺してしまおうと、順番に密約を交わす話である。全員が残り二人を殺すことになり、自分は残りの二人から殺されることになる。それに気づいて・・・という話だ。興味のある方は「ひとにぎりの未来」という文庫に入っているのでお読みください。
 星新一の小説はショート・ショートだから単純な構成だが、本作品は7人の泥棒たちがそれぞれの思惑と信じる信じないの駆け引きを繰り広げる。強気な老人と弱気な老人がいるが、弱気な人間が必ずしも負けるとは限らない。強欲さにかけてはどちらも負けていないのだ。タイトルを「Greed」(「強欲」)としたほうがよかった気がする。

 イギリスは民主主義の先進国ではあるが、監視社会でもある。というか、監視カメラ社会といったほうがいいかもしれない。ダニエル・クレイグ主演の映画「007」のどれかのバージョンで、ジェームズ・ボンドがロンドンを逃げる様子を監視カメラを次々に繋いで捉え続けているシーンがあった。
 本作品も舞台はロンドンである。当然犯罪者は監視カメラを意識する。本作品の老人たちも少しは意識するのだが、網羅しきれるほどではない。というか、網羅できないほど多くの監視カメラが存在する。かつてのスコットランドヤードとは違って、現在のロンドン警察は監視カメラなしでは何の操作もできない。凶悪犯罪の検挙率が低いことでおなじみの警視庁と同じだ。再犯率は日本と同じくらい高いから、監視カメラと犯罪者リストから多くの犯罪容疑者を絞り込むことができる。
 再犯率が高いなら死刑を増やせば再犯率は低くなるのに、世界的に死刑廃止の動きがあるのはなんとも不思議だと考える人もいるだろう。その考えだと万引き以上の犯罪をすべて死刑にすればこの世から犯罪者は激減するということになる。その議論も一理はあるのだが、冤罪が生じた場合は取り返しがつかない。それに、捕まらなければいいという犯罪者特有の考え方が改まるわけでもない。
 本作品の老人たちは全員が再犯者だ。スコットランドヤードにデータがしっかり残されている。変装なしで街を歩けば足取りが割れる。デジタル社会に乗り遅れたアナログの犯罪者の集団が本作品の老人たちである。悲しい話だ。

 しかしそんなデジタル社会の現状を知ってか知らずか、強欲の老人たちは各自の哲学を披露することに余念がない。他人に自分を理解させようとするのは甘えている人間か、強引にリーダーシップを取ろうとする人間だ。老人たちは見事にそのふたつに当てはまる。そしてそのふたつの間で振り子のように揺れながら、互いの人間関係のバランスを微妙に維持していく。本作品はそのあたりが見どころなのだが、名優マイケル・ケインの演技力をもってしても、当方のように字幕で鑑賞する日本の観客には少し通じ難いところがあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 36 件)
耶馬英彦

3.5会話劇

2021年1月17日
iPhoneアプリから投稿

予告を見た時は、実話を明るくコメディ調に仕上げたのかなと思ったが違った。結構、シニカル。
先のコメントにもありましたが、会話が中心となるので、そのやりとりが楽しめないと眠くてつまらなく感じると思います。私的には楽しめたので良かったです。

映画には関係無いが、前の座席の人が想像のナナメ上をいく大柄な人が座り、会話がキーなのに度々字幕が見えなくなるという…(泣)

コメントする
共感した! (共感した人 38 件)
Oyster Boy

4.0【055】自分のおじいちゃんを見守る感覚で観たらよい

2021年1月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

2021年 スクリーン39発目
今年公開作品 18本目(先行、試写含め21本目)

本日 ブルースウィルス アンチライフ
老人の恋愛 43年後のアイラブユー
おばさん大奮闘 パリの調香師 と
かなり年齢層高めの作品を観ている


締めは本作
一人敬老の日もおしまい♡

邦画の 死に花を思い出しながら観たけど
本作の方が 何十倍もイイ!

まず
音楽むちゃくちゃいい!
ホーン隊が優秀、良きスパイス
スリリングかつダイナミックな展開に有効的

次にコミカルな演出
良き老人感が出ていた

最後に
事実ゆえの逮捕劇までの流れ
盗みのドキドキと
逮捕までの詰めの甘さ 人間らしさ
憎い演出♡

大好物ジャンルかつ期待せずだったので
よかったですよ シンプルに!

娯楽映画としては優秀な部類なんではないでしょうか
編集長!

コメントする
共感した! (共感した人 32 件)
よく太る良太

4.5多少難はあるが、それでも今週(15日~)ではお勧め。

yukispicaさん
2021年1月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

今年9本目(合計76本目)。
実は今週は結構本数が多くて、全部見に行くととても大阪市では無理なので(20時までルールの適用)、人気作品とマイナー作品を混ぜて見に行く予定です。

さて、こちら。最初と最後に出るように実話ベースの物語です(確認済み)。ただ、細かい設定などは変えられたり、どうでもいい部分はカットされていたりしているようです。

他の方も書かれていた通り、「ご老人の盗賊団」なので、そうそう派手なアクションシーンは出てきません。むしろ、妙なことで頭が回るかな(暗証番号の解読に指紋の付着の痕で推測するとかといいつつ、「(強奪したものを)国内で売るとすぐに足がつくからebayで売れ」に対して「ebayって何?何のアプリ?」って答えていたりバラバラ…)という印象です。
まあ、そうでないと「ご老人の」ということになりませんからね。

しかし何というか、多少は着色されているとはいえ、これだけ監視社会、それも銀行やら高級宝石店といった場所はもう何重にもセキュリティがかかっていて、とても押し入るのは無理なのに、それをやってしまうというのがすごいというか…(もちろん真似をしてはいけません)。

途中からはアクション中心というより会話中心にうつっていきますが、それもこのご年齢を考えれば当たり前で(あることないことくっつけると、おかしくなる)、そこは許容範囲かと思います(むしろ、そのほうが減点要素が大きい)。

 減点要素は下記0.3で4.5(七捨八入)としました。

 -------------------------------------------------------------------------------
 (減点0.3) とはいえ、ご老人とはいえ盗賊団(金庫破り集団)なので、結構言葉遣いが激しいです。いわゆる「言葉にしてはいけない語句」とされる「f**k」(あえて伏せてます。俗にf語とよんだり「罵倒の4語」とか呼んだりする)がもう至るところ登場します。おそらく100回以上出てるんじゃないでしょうか?

 で、最初はその部分も丁寧に翻訳されているのですが、あまりにも使いすぎるので途中から翻訳が追い付かなくなってしまっており、中には「あろうがなかろうがどちらでも一緒」な場合にさえ使っているので(一種の口癖というような状況なんでしょうね)、映倫のグレードとしてはGですが、実際に英語を聞き取れるレベルの子(帰国子女レベルの子)や、そこそこ英語が聞き取れる方からすると「うーん…」ということにしかなりかねず(それは結局、多くの日本人が字幕を頼りに見るからで、英語の聞き取りはあくまで補助にしているに過ぎないことによる)、ちょっとこう、これ、「このグレードでいいの?」という点は気になりました(および、もう口癖みたいに「無意味に」使ってしまっているので、そういう会話が「普通に」あるんだ、と思われても困ってしまう)。
 -----------------------------------------------------------------------------

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 22 件)
yukispica

1.5大きな展開はなく会話劇中心

2021年1月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 57 件)
B25(海外出張の為一時休会予定)

3.0ボスの器

Bacchusさん
2021年1月16日
Androidアプリから投稿

楽しい

興奮

引退していた泥棒の王と呼ばれた爺さんが、嫁の死を切っ掛けに知人の若者に声をかけられて、昔の繋がりを集めてハットンガーデンの貸金庫を襲う話。

「ハットンガーデン・ジョブ」と同じ事件が題材で、犯行そのものも見どころだけれど、それはまだ切っ掛けで、その後のドラマを楽しむ作品。

荒ぶったり欺いたり、曲者達のカマし合いに化かし合いとか、狡猾さとか、一歩離れたところから絡んでいく様子とか、駆け引きがとても好み。

一応コミカルな要素も結構あるけれど、そこはちょっとキレが悪くて、締めもイマイチ物足りなかったけど、なかなか面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
Bacchus

3.5【”剥落の趣”が漂う映画。マイケル・ケインを愛でる映画でもある・・。】

NOBUさん
2021年1月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 20 件)
NOBU

3.5頑固

ひでさん
2021年1月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

11本目。
お年寄り主演作品を続けて観るとは思わなかったけど、真逆と言ってもいいかな。
盗んで終わりかと思ったら、後日談の方が長い。
年取って頑固だし、まあ金だダイヤだ目にすれば、分からないでもない。
でも盗み終えてから、自分の集中力が切れてしまい、軽くウトウト。
悪くはないけど、ちょっとかったるかったかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ひで

4.0【行方不明の1000万ポンド(=14.1億円)】

ワンコさん
2021年1月16日
iPhoneアプリから投稿

これが実際にあった事件なのだから驚く。

それも、既に監視カメラが、あちこちに設置されていた、つい5年ほど前のロンドンでだ。

(以下、ネタバレ)




実行したのは、一人を除いて老人ばかり。

方法は実にアナログで、時間もかかる。

加えて、犯行グループの仲間割れや、疑心暗鬼、顛末など、僕は、逆に生々しく感じられて、面白いと思った。

映画でありがちなカッコいいところは、ほぼ無し。

実は、これが現実なのだろうと妙に納得したりもする。

ただ、裁判に向かうため、スーツに着替えると、じじいとはいえ、さすがブリッツ達で、スタイリッシュだ。

そして、タイトルに書いた通り、行方不明になった資産は多額で、謎も多い。

捕まっていないやつがひとり。

ブライアンは、上訴してるってか⁉️

なぜ、じじい達は犯行を犯さなくてはならなかったのか❓
余生を考えたら、そんなリスクを犯す必要はなかったはずだ。
なぜ❓

そんなことを考えたら、僕は、なぜか、じじい達に清々しさを感じた。

世の中のじいさん達、きっと老いさらばえるには早いんだよ‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 34 件)
ワンコ

3.0わがままで自分勝手なお爺ちゃんばっかり

かんさん
2021年1月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ラスト実話と知ってビックリしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
かん

2.5予告がカッコよかった。

2021年1月15日
iPhoneアプリから投稿

内容はイマイチ刺さらなかった。物語が淡々と進んで山も谷もない感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 42 件)
しじみの短い感想文
「キング・オブ・シーヴズ」の作品トップへ