乱暴な記録

0%
0%
11%
67%
22%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

2016年製作/90分/韓国
原題:Fist & Fuirous

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
製作
キム・ソンギョン
脚本
ハ・ウォンジュン
撮影
ペ・ユンソク
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

2.0篠原信一似の格闘家ユン・ドゥホン

kossyさん
2020年6月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 後ろ回し蹴りとかかと落としが得意な元刑事カン・ギマンが主人公。20人以上の相手でも倒してしまう凄腕。ところが3年前の麻薬密売人グループとの格闘で頭にナイフが刺さったままとなり、数時間置きに鎮痛剤の自己注射をしなければならないのだ。その事件では新人刑事ユン・ジェホが殺されてしまったが、彼はカンに助けてもらった経緯もあり、尊敬の念を抱いていたのだった。

 TV記者のナムが彼のドキュメンタリーを撮ることを了承し、いきなり復讐へと燃え始める。ユンの妻子に対する贖罪に3年もかかった?それともずっと病床に?しかも、事件ではユンに刺されたと証言していたのに・・・謎というより、これはまさしく“乱暴な設定”、“乱暴な展開”と言わざるを得ない。

 そこからはありきたりの麻薬取引のサスペンスとなるのですが、わかりやすいけど疑問符が常につきまとう内容。キスするだけ(?)の風俗店でソンファという女性を探すため、後輩のソルランを一緒に連れていく。もう誰が見ても、ホイッスルとキスが伏線にはなるのですが、ナム記者が脱北者であるという伏線には謎が潜んでいる。もしかすると、北の方言がわかればいいのかもしれませんが、日本人にはわかりません・・・にだ。

 多分、ユン・ドゥホンのアクションを見るためだけの作品なのでしょう。ソルランもキスしたくなるタイプだとわかるのです。しかし、やっぱり乱暴な脚本だということは否めない。それに原題はワイスピの原題と似ているようですが、実は『ドラゴン怒りの鉄拳』なんだよね、きっと。やっぱりタイトルも乱暴だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

1.0うーん、共感しにくい

ケイさん
2020年3月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

2.0韓国映画好きだけど

2020年3月4日
iPhoneアプリから投稿

これはイマイチ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

1.5韓国のB級作品

aoponさん
2020年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

アクションもストーリーも低レベルで未公開な理由がわかった。
ここまで酷い韓国映画も珍しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
aopon
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「乱暴な記録」以外にこんな作品をCheck-inしています。