劇場公開日 2020年6月19日

「明日目覚められる奇跡。不思議な主人公が紡ぐ、不思議な人間ドラマ。」水曜日が消えた 映画コーディネーター・門倉カドさんの映画レビュー(感想・評価)

3.776
23%
51%
18%
7%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0明日目覚められる奇跡。不思議な主人公が紡ぐ、不思議な人間ドラマ。

2020年6月30日
PCから投稿

悲しい

知的

寝られる

【賛否両論チェック】
賛:1つの人生を、7つの人格が曜日ごとに分け合う主人公を通して、明日目を覚ますことの尊さが、思わず身に染みる。その身体に異変が起きた時、主人公(達)が下す最後の決断にも、観ていて感慨深いものがある。
否:展開はかなり淡々としていて、似たような描写も多いので、惹かれないと思わず眠くなってしまいそう。

 劇中で数馬自身も語っていましたが、確かに1週間のうちの同じ曜日しか生きられなかったとしたら、人生は普通の人の7分の1になってしまいますし、曜日が一緒なら文字通り同じ毎日の繰り返しですよね。そう考えると、たとえ平凡だったとしても、明日の朝に目を覚ますことが出来るというのは、本当に奇跡なんだなと改めて痛感させられるようです。
 そんな彼らの中で、次第に異変が起こり始めた時、これまで真面目で退屈だった“火曜日”が、自分を変えるためにどんな選択をしていくのか、その行方からも目が離せなくなっていきます。
「この身体は不便だよ。だけど・・・不幸だった訳じゃない。」
という数馬の言葉が、なんだか心に染みます。また、エンドロールの7人の付箋でのやり取りなんかも、遊び心があってクスッと笑ってしまいました(笑)。
 ただ難点をいうと、やはりどうしても似たようなシーンが多く、かつ物語も非常に淡々と静かに進んでいくので、人によっては観ていて退屈して、思わず眠くなってしまうかも知れません。どちらかというと、小説みたいな内容が好きな方向けの、文学的な作品といえそうです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
映画コーディネーター・門倉カド
「水曜日が消えた」のレビューを書く 「水曜日が消えた」のレビュー一覧へ(全76件)
「水曜日が消えた」の作品トップへ