劇場公開日 2019年10月12日

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒントのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全1件を表示

3.0「なぜ」あるいは「何が」クリエイティブなのか

Imperatorさん
2019年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

インタビューとその答えが、ひたすら繰り返される作品である。アポ無しの突撃インタビューもある。
1990年代後半から20年くらいの映像が大部分で、録り溜めた“映像コレクション”を一挙に公開します、といった作品だ。そのため、今は亡き大物もいる。
基本的に、英語・フランス語・ドイツ語が通じる“天才たち”を対象としている。例外もあって、たけしと荒木経惟は日本語で答えている。

107人ということだが、単純計算で一人50秒もない。
人物一覧は公式サイトで見ることができるが、人によって配分が大きく異なるので(例えば、デビッド・ボウイは何度も出てくるし、ビル・ゲイツは答えないで去って行く)、半数くらいは、風のように通り過ぎる“ちょい役”にすぎない。
また、回答の内容は人それぞれだから、人物の配列の意味や、全体にわたる構成は全く無いと言って良いだろう。

取材された“天才たち”は、芸術家やデザイナーやミュージシャン、映画監督や俳優ら、“アーティスト”が多い。
彼らの多くは、問いに対して一瞬とまどい、そして絞り出すように必死に答えるのだが、具体的な作品に即した質問ではないし、変なところを突かれて困っている感じだ。
原題の「ムカデのジレンマ」というのは、ある人物の「前に進まないと落っこちる」という回答から取ったと記憶する(が、定かではない・・・)。

ただ、内容が断片的で、かつ、あまりに進行が早い。興味のある人物が出てきても、記憶に刻む前にドンドン先へ行ってしまい、「あれ、今、何を言ってたっけ?」となって、大いに困った。
同じ流れがダラダラと続くだけで、途中は退屈してしまったが、後半はアーティスト以外の人物も出てきたので、がぜん面白くなった。

「クリエイティブ」という概念も、アーティスト以外の人物では、捉え方が大きく異なることが明らかになる。だから、当然、答えの質も変わる。
ダライ・ラマやローマ法王のような“宗教家”は、「クリエイティブ」と聞くと、「知性や心の働き」と哲学的に捉えるようだ。
マンデラやゴルバチョフのような“政治家”は、「昔のやり方に囚われない解決法」と実際的に捉える。(ゴルバチョフは、クリエイティブすぎて、心ならずもソ連を崩壊させてしまったのか・・・。)
サイエンス部門はホーキングだけで、“科学者”としては極端な例だ。だが、基礎科学をやる人間にとって、新しいことを見つけるのは当たり前であって、質問自体がナンセンスというのは、確かにそうだろう。

“天才たち”が具体的にどう答えたかは、見てのお楽しみである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Imperator
「天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント」の作品トップへ