劇場公開日 2021年11月5日

DANCING MARY ダンシング・マリーのレビュー・感想・評価

3.07
10%
10%
70%
10%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全7件を表示

3.0少し中途半端かな?

2021年11月21日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みーたん

4.5NAOTOファンは絶対に観るべき映画

yo- taさん
2021年11月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yo- ta

3.5テンポのいいストーリー

2021年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 SABU監督には前作の「砕け散るところを見せてあげる」で度肝を抜かれたが、本作品は少しおとなしめである。加えてキャストもかなりおとなしめで、多分予算もおとなしめなのだろう。
 ということで作品のスケールはかなり小さくなってしまったが、SABU監督の想像力は相変わらず多方向に破れかぶれに進んでいく。「砕け散るところを見せてあげる」では主人公が善意の塊で、まさしくヒーローであったが、本作品の主人公フジモトは小役人の小心者である。幽霊対策を頼んだ女子高生の雪子に引きずられるようにして行動する。
 物語の山場は石橋凌が八面六臂の活躍をする場面である。このあたりの存在感は流石だ。娘の石橋静河は演技派で、映画にドラマに大忙しだが、父親の演技力もまだまだ衰えていない。
 主演のEXILE NAOTOは映画「フードラック!食運」では、脇役陣との演技力の差がありすぎて悪目立ちしてしまったが、本作品ではそんなこともなかった。しかしあまりにも普通の現代っ子で、主人公としての魅力には欠けている。会話がSNSみたいで人間的な深みがないのだ。
 ただストーリーがいい。主人公のつまらなさをものともせずにグイグイと引っ張っていく。この辺は「砕け散るところを見せてあげる」を彷彿させるテンポのよさである。ラストシーンで少しだけ主人公を救ったのはSABU監督の優しさだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
耶馬英彦

3.0タイトルちがうんじゃないかな?

かんさん
2021年11月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

幽霊、大変な仕事、いい協力者が見つかってよかったです。
ヤクザは、いらないかな。
ラスト間に合ってよかったです。ちょっと心配しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
かん

2.0死ぬの?死なないの?

Bacchusさん
2021年11月7日
Androidアプリから投稿

楽しい

単純

都市再開発に際し取り壊しが決まった元ダンスホールの廃墟にいるダンサーの霊を祓う為に奮闘する市役所職員と霊能力のある女子高生の話。

取り壊に着工するも立て続けに6人もの作業員が負傷し、4人もの霊能力者が病院送りになった案件で、現場担当者となった市役所職員が霊能力を持つ-JKの噂を聞き協力を仰いでと始まって行くストーリー。

ホラーだしコメディだし何でもありっちゃあそうなんだけど、投げっ放しやりっ放しのお残しが多過ぎませんか?ヤクザもいらないし。

それと、どうでも良いところのシーンが結構口説くてテンポが悪く折角の笑いどころであろうところが笑えません。

その癖ヤケに駆け足だったり、マリーとジョニーの想い出話ももっと早くにみせとけば良いのに。

ラストも折角ならもう一盛り上がりあっても良さそうなところであっさり終了。
ストーリーとしては面白いとは思うけど、なんだかちょっとぐずぐずだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Bacchus

3.0ダンスシーンが少なくて残念

りあのさん
2021年11月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
りあの

3.0素材はいいが薄味過ぎて出汁の味しかしない

2021年11月6日
Androidアプリから投稿

パンフレットがないのかとガッカリしていたら入場者プレゼントで配布という太っ腹な話。結構ちゃんとしたパンフレットでした。採算取れるのか心配になりつつ☆0.5加算。
市役所職員が大型ショッピングモールを建設する為幽霊の出るダンスホールを解体すべく奔走する話で、霊能者とヤクザ両方出てくるのでそこを組み合わせれば上質なコメディが出来そうなものですが、毎度EXILEプロデュースの映画はどうも振り切る事がなく結果うっすい味付けの映画に仕上がっていました。SABU監督脚本の前作「砕け散るところを見せてあげる」はインパクトが強い作品だったので監督のせいじゃないと思います。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ガゾーサ
「DANCING MARY ダンシング・マリー」の作品トップへ