ANIMA

0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

Netflixで2019年6月27日から配信。

2019年製作/15分/アメリカ
原題:Anima

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
製作
サラ・マーフィ
ポール・トーマス・アンダーソン
エリカ・フラウマン
撮影
ダリウス・コンジ
編集
アンディ・ジャーゲンセン
音楽
トム・ヨーク
ナイジェル・ゴドリッチ
振付
ダミアン・ジャレ
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0【ポール・トーマス・アンダーソン監督がジョニー・グリーンウッドではなく、トム・ヨークと組んだ理由を考える。】

NOBUさん
2020年5月26日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

幸せ

 レディオ・ヘッドの音楽的支柱がジョニー・グリーンウッドであることは、ファンであれば、周知の事実。

 そして、クラシックをベースにしたジョニー・グリーンウッドの音楽の素養はロック界以外でも、高く評価されている。

 映画界でも、”少年は残酷な弓を射る””ビューティフル・デイ”の2作で彼を起用したリン・ラムジー監督と並び、ポール・トーマス・アンダーソン監督は彼を、”ゼア・ウィル・ビー・ブラッド””ザ・マスター””インヒアレント・ヴァイス”で音楽担当として起用している。
 彼は、”ファントム・スレッド”でも、ピアノやストリングスを多用し20以上の楽曲を提供している。
 そして、”ファントム・スレッド”に提供した楽曲で、アカデミー賞にノミネートされるなど今や”映画音楽界における重鎮”であるのも、周知の事実である。
 -ちなみに、”レディオ・ヘッド感”はほぼない。-

 という流れを知っているので、今作をポール・トーマス・アンダーソン監督が担当した、と聞いた時には嬉しくもあり、可成り驚いたのも事実である。

 だが、リメイク版”サスペリア”の世界感の一翼を担っていたのは、トム・ヨークが担当した”Suspirium"(この曲は素晴らしかった・・)を始めとした楽曲群で会ったのは間違いない。
 -近年の”レディオ・ヘッド感”満載であった。-

 今作では、ポール・トーマス・アンダーソン監督が、トム・ヨークの醸し出す世界感を見事に映像に落とし込んでいる。

 今作制作の背景に何が合ったかは知らないが、”パブロ・ハニー”から”レディオ・ヘッド”を愛聴している者としては、嬉しい限りである。

<人並外れた芸術家は”同類”をきちんと、”嗅ぎ分ける”ということであろうか・・>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

3.5どちらのファンでも楽しめる

2019年10月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

J・グリーンウッドとのタッグが記憶に新しいP・T・アンダーソンが、フロントマンであるT・ヨークと短編ではあるが映画を撮った本作。

Radioheadのファンってより、P・T・アンダーソンの監督作が好きな映画ファンってより、やはりT・ヨークが好きなファンには堪らない筈。

とにかくT・ヨークのツラ構え、役者然とした佇まいに存在感、顔が素晴らしく良い。

作品自体は曲も含めて飽きずに楽しめるが、内容や意味はいざ知らず、P・T・アンダーソンが撮ったからこそのテンションは否めない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
万年 東一

3.5心地良い映像と音楽

movieさん
2019年7月12日
Androidアプリから投稿

127.想像力を掻き立てる重要な要素。全体主義的なダンスからの脱却と吸収

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る