劇場公開日 2020年7月24日

「梅雨も明けて夏が来そうですね」アルプススタンドのはしの方 DKawaさんの映画レビュー(感想・評価)

3.983
36%
51%
8%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0梅雨も明けて夏が来そうですね

DKawaさん
2020年7月25日
Androidアプリから投稿

甲子園に出場する母校の応援に駆り出された高校生達の話。
"引退した演劇部員"と"万年控えピッチャーの元野球部員"と"成績の落ちた勉強一筋の女の子"は、「青春している"真ん中"の同級生達」を見つつ応援席のはしの方で「自分も真ん中にいたはずなのに」と思っている。

"はしの方"の高校生達の会話劇で話が進み、試合の展開と自分の気持ちが重なって最終回を迎える頃には声援を送る流れになっているのが上手い。

高校演劇の全国大会に総文祭というのがあることを最近知った。
出場倍率でいうと、甲子園の80倍に対して160倍という狭き門なのだそう。
そんな大会で 最優秀となった舞台脚本の映画化。
高校演劇が原作なのでテーマはストレートだけど、すっとぼけた笑いに包んでいる所も上手い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
DKawa
「アルプススタンドのはしの方」のレビューを書く 「アルプススタンドのはしの方」のレビュー一覧へ(全83件)
「アルプススタンドのはしの方」の作品トップへ