流転の地球

流転の地球
5%
61%
24%
5%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「三体」が日本でも大きな話題を集めた作家リュウ・ジキンによる短編小説「さまよえる地球」を実写映画化し、中国で大ヒットを記録したSF大作。太陽に異変が起こり、300年後に太陽系そのものが消滅することが判明。この事態に備えて世界の国々は連合政府を設立し、地球ごと太陽系から脱出する壮大な計画を始動する。地上は急激な環境変化のため住むことができなくなり、人類は地下都市で暮らすことに。地表1万カ所に設置された“地球エンジン”によって順調に移動を続ける地球だったが、軌道のずれが生じ木星に衝突する危険性が高まる。衝突へのカウントダウンが始まる中、人類の命運を賭けた壮絶な戦いが幕を開ける。出演は「戦狼 ウルフ・オブ・ウォー」のウー・ジンほか。Netflixで2019年4月30日から配信。

2019年製作/125分/中国
原題:流浪地球 The Wandering Earth

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
グオ・ファン
原作
リュウ・ジキン
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0見どころ満載、SF大作2本分のこってり感

2020年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

日本円換算で製作費約55億円(中国のSF映画で過去最大)、昨年に中国と北米・オーストラリアで公開され、本国で史上3位の興行収入を達成した超大作。太陽系が300年以内に破滅すると分かり、世界各地に推進装置を建造して地球ごと別の恒星系へ移動するという、笑っちゃうほど壮大な話だが、セットの質感もVFXのクオリティも予想以上で、大いに楽しめた。

木星でスイングバイしようと接近した際に推進装置がトラブって軌道がずれ、このままでは木星の重力につかまって衝突するという事態に。地上ではベテランから若者まで多様な面々が装置の復旧に命を懸け、一方で地球をガイドする宇宙ステーションでもある飛行士の孤独な戦いが展開。地球でのチーム戦と宇宙での個人戦の双方に見どころが多く、それぞれで映画1本作れるのではという充実ぶり。SFの過去の名作・話題作を彷彿とさせる設定や展開も多々あり、ジャンルのファンなら一層楽しめる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

4.0「やるじゃん」を通り越して「やってくれたな!」

Pegasusさん
2020年5月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

原作の作家繋がりで鑑賞。
設定が現実離れしているけどむしろ斬新で面白い。「これは娯楽映画なんだな」区別をすればツッコミどころもあまり気にならずSF好きとして今作を大いに楽しんだ。

地球が太陽に飲み込まれる。普通だったらインターステラーのように移住先を探そう!ってなるけど今作はじゃあ地球ごと動かそう!という設定。ぶっ飛んでる!と思いつつも斬新で面白い。
そして所々気になった箇所はあったけど視覚効果が凄い。
宇宙ステーションはアバターの様な一風変わったデザインであったり地上の街の風景なども綺麗だった。
地球を救う方法も「その手があったか!」となったし、若干安物感あるもののドラマとしても楽しめる。
難点は場違いなコメディ要素があったところ。題材も面白いし、ストーリーもいいんだからもうちょい硬めな作風にして欲しかった。

序盤は中国やるじゃんって思ってたけど観終わったときは中国やってくれたな!ってなった。
SF好きにはたまらん作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Pegasus

4.0壮大なスケールが無駄になっていない

shotgunさん
2020年2月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

太陽の肥大化により終焉を迎えつつある地球環境を変えるため、人類は地球にエンジンを取り付け移動させる計画を始動する…。
Netflix独占配信作。地球にエンジンを取り付けると言う力強い中国映画で、バカ映画かと思いきやスケールと人物の丁寧な描写に引き込まれる良作でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shotgun

3.5お馬鹿映画だけれど、侮れない。

2020年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

Netflixで鑑賞。
最近の中国映画のパワーは凄まじい。本作も中国だけで600億円を稼ぎ出したという。鑑賞料金差を考えると、ハリウッド映画の世界興行金額にも匹敵するほどの恐ろしい金額だ。
ここまでくると中国映画は国内市場だけを狙っても、充分製作費を回収することが出来る稀有な市場ともいえる。
本作も中国市場をメインに製作されたと思われるが、内容の良さから世界中で公開され、Netflixでの世界配給という形になったと思われる。実際作品の出来は世界レベルである。ここまでくると、ハリウッド大作映画さえ凌駕している部分も多々ある。
内容は太陽が膨張して地球が飲み込まれそうになり、地球もろとも太陽圏外へ脱出するというSFの王道的なストーリーだ。しかし実際に地球が太陽の膨張で飲み込まれるのは、数十億年後と推定されているので、本作の僅か百年後という設定は科学的根拠は全くない。ストーリー展開もご都合主義だが、アルマゲドンを見て楽しめた方などは充分満足して頂けると思う。自己犠牲的な部分も含めて本作と非常に似通っている。
本作の美術は欧米SF映画よりも日本のSF漫画やアニメに大きな影響を受けていると感じられる。宇宙船や乗り物のデザインはもとより、建物などに描かれているロゴなどは、大友克洋や弐瓶勉の作品、またエヴァや、宇宙戦艦ヤマトの影響を色濃く受けている。本作を観ているとまるで日本のSFアニメが実写として動き出した感さえ受けるのだ。
本作のCGの物凄さは特筆ものである。海外の特撮会社に依頼せず、中国本土で全て製作されているらしい。確かに今やハリウッド映画が、中国のスタジオで撮影したり、特撮を任せたりもしているので、技術的には充分世界レベルなのだろう。
中国人が世界を救うなどという展開は、現実世界からみると失笑物だ。でもそこを切り離せば映画として楽しめる作品であると思える。
本作の評価は人それぞれだろうが、それ以上に重要なのは中国が初めてブロックバスター映画を手掛けて、それを成功に導いた作品であるということだ。大袈裟かも知れないが、今後世界映画史において重要視される作品になるような気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
superMIKIso
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る