マウトハウゼンの写真家

17%
66%
17%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

2018年製作/110分/スペイン
原題:El fotografo de Mauthausen

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
製作
ホアキン・パドロ
マル・タルガローナ
製作総指揮
ホアキン・パドロ
マル・タルガローナ
イシュトバーン・マヨール
脚本
アルフレド・ペレス=ファルガス
ロジェル・ダネス
撮影
アイトール・マントクソーラ
美術
ローザ・ロス
衣装
マルセ・パロマ
編集
ホセ・ルイス・ロメウ
音楽
ディエゴ・ナバロ
  • リシャルト・ファン・バイデン

  • アドリア・サラサール

  • エドゥアルド・ブーチ

  • シュテファン・バイナート

  • ルーベン・ユステ

  • ニコラ・ストヤノビッチ

  • フランク・フェイス

  • マルク・ロドリゲス

  • アルベルト・モラ

  • ルカ・ペロス

  • ライナー・ライナース

  • トニ・ゴミラ

  • エミリオ・ガビラ

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

3.5もう一つの夜と霧

Naotanjrさん
2021年6月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ナチスドイツの夜と霧作戦がユダヤ人のみならず、捕虜となったスペイン人に対してもあったことを、この作品で初めて知りました。
それは1人の写真家とその仲間たちの勇気によって公になったことも。
その過程で多くの人が、尊厳のない無残な最期を遂げさせられたことも。
証拠隠滅することに長けていたナチスドイツ、人間として狂っているとしか思えないこれらの所業が、日の下に明らかにされ、永遠に負の歴史として、世界中の共通認識であることを望みます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Naotanjr

4.0民族に流れる血

2020年8月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

マウントハウゼンではなく、マウトハウゼン。←間違ってた汗

ナチスの標的は、ユダヤ人に比べたらほんのわずか(7千人?)だったかもしれないが、国籍を剥奪されたスペイン人達もいた、という事実。知らなかった。
囚人(と呼ばれるのか)達の役割はさまざまだが、その中で、写真を撮るという役割を与えられた主人公。
何とかナチスの残虐さを世に知らしめたいと仲間達とネガを外部へ持ち出そうとする。
スリリングなシーンでは連携プレーにハラハラさせられながらも仲間の絆の力強さを感じた。
劇?を披露するシーンでは、ドイツ人はしかめっ面だが、明るい芸達者?なスペイン人。民族の血みたいなものを感じ、それが羨ましく思える。日本人だったら何を演じられたか。

スペイン映画はやはりいい。観てよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャーニー
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る