さすらいの人 オスカー・ワイルド

0%
50%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「サロメ」「ドリアン・グレイの肖像」などで知られるアイルランドの作家オスカー・ワイルドの知られざる晩年を描いた伝記ドラマ。作家として成功したオスカー・ワイルドは、恋人ボジーの父親の告発をきっかけに同性愛で有罪となり、仕事も名誉も全て失ってしまう。2年間の服役を終えて出所した彼はフランスへ渡り、“セバスチャン・メルモス”という偽名で新たな人生をスタートさせるが……。「アナザー・カントリー」「ベスト・フレンズ・ウェディング」の俳優ルパート・エベレットが監督・脚本・主演を務め、「キングスマン」シリーズのコリン・ファース、「奇跡の海」のエミリー・ワトソンが共演。

2018年製作/105分/イギリス・ベルギー・イタリア・ドイツ合作
原題:The Happy Prince

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

4.0生活能力0の天才と 周囲の人々

2019年6月15日
Androidアプリから投稿

ワイルドが 才能だけで 作品を書くタイプだった為、投獄で それが消滅してしまった、のが衝撃である

エヴェレットは それからのワイルドと周囲の人々に、焦点を当てた

かつて「ドリアン・グレイの肖像」の成功の後、
ワイルドに 近寄ってきた ダグラス卿(ボジー)が
出所したワイルドに手紙を寄こし
再び、ふらりと現れる
(投獄の原因のくせに)
何を 考えていたのだろう?
ジョン・グレイに なりたかったのか?
彼を 演じるコリン・モーガンが美しい
(悪魔だけど… )

ボジーと別れられないワイルドは、起死回生を 彼に託したのか、魅了されたのか、死への道連れと 考えていたのだろうか

天才と その周囲の人々の苦悩を、興味深く見た
ワイルドは ケルトの口承詩人の家系(母も詩人)なのか、その語りは人々を魅了したという
最後に 少年に「幸福の王子」を語ってやる場面は
切ない

映画では 語られなかったが、ロバート・ロスは
ワイルドの死後(ワイルド再評価) 財産管理人として
働き、遺児達にも感謝される
だが、ボジーに裁判に 引きずり込まれ
苦しむことに…
ボジー 、悪魔か?
(やっぱり 嫉妬だろうか… )

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jarinkochie
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「さすらいの人 オスカー・ワイルド」以外にこんな作品をCheck-inしています。