劇場公開日 2019年11月29日

「激動の台湾現代史に、自立を夢見る女性主人公の半生が重なる」幸福路のチー AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

3.829
35%
46%
17%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5激動の台湾現代史に、自立を夢見る女性主人公の半生が重なる

AuVisさん
2019年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

幸せ

台湾は規模の割に映画産業が盛んだが、ジャンルはヒューマンドラマか青春・恋愛物、歴史劇に偏っている印象だ。アニメに至ってはオリジナルの作り手が不在だった(外国作品の下請けは行っているようだが)。台北に生まれ日本と米国で映画を学んだ女性監督、ソン・シンインは自らの半生を反映した物語をアニメで描こうと決め、自らアニメスタジオを設立したというからその行動力に恐れ入る。

ジブリ作品の影響も感じさせ、生き方に迷う女性が帰省して過去を振り返る「おもひでぽろぽろ」や、時代に翻弄される市井の人々を描いた「火垂るの墓」「風立ちぬ」などを想起させる。水彩画のような淡い背景と、シンプルな輪郭線のキャラクターの素朴な味が、絶妙なコントラストとなり郷愁を誘う。

自立して幸福になることを夢見てきたがままならないチーの姿は、中国からの独立を願いながら米中という二大勢力の影響下で揺れ動いてきた台湾の存在に重なって映る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
AuVis
「幸福路のチー」のレビューを書く 「幸福路のチー」のレビュー一覧へ(全29件)
「幸福路のチー」の作品トップへ