「フィクションにしてはつまらない」主戦場 過頭原屋敷さんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「主戦場」 > レビュー > 過頭原屋敷さんのレビュー
メニュー

主戦場

劇場公開日 2019年4月20日
全72件中、6件目を表示
  •  
映画レビューを書く

フィクションにしてはつまらない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まずこの映画はドキュメンタリー映画ではありません。偏った思主義思想に基づいたプロパガンダ映画です。
出演者を騙し、既に訴訟案件になってます。全編フィクションなのです。
出演者達を狡猾に騙し、コメントをとり、都合良く切り取り編集し、趣旨と違う内容にすりかえ、もはや慰安婦に強制性があった事、結論ありきで作成されているのです。(ハッキリ言おう、強制性はありません。)

観るにたえない映画です。この映画を観て評価している人は知識なく、すんなり騙されて、極めて愚かな人達なのだなぁと思います。あとで評価した自身を攻める事になる大変恥ずかしい結果になるでしょう。
もう一度いいます。コメントした出演者達は詐欺として訴訟を起こしております。
くわしく知りたい人は↓をどうぞ。
ttps://www.youtube.com/watch?v=kTa7uRc52-w

過頭原屋敷
さん / 2019年7月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

山下章造さん(丸山穂高さん)
コメントありがとう!
良くできた自己紹介ですね!
他人の名前を騙るのに慣れ、さらには名指しされたとたんコロコロ名前かえちゃう子には言われたくないかな。
そういうことに慣れてしまってる君は、誰からも信用されませんよ。

過頭原屋敷さんのコメント
投稿日:2019年7月13日
過頭原屋敷
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報