劇場公開日 2019年3月9日

  • 予告編を見る

イップ・マン外伝 マスターZのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全27件中、1~20件目を表示

4.0詠春拳版バットマン

2019年8月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

なんやかんやでシリーズ前作を観ている「イップマン」
本作は、前作で登場した詠春拳の使い手チョン・ティンチ。
正統詠春拳を掛けてイップマンに敗れた彼は、暗殺者として貯めた金で小さな雑貨屋を開き、息子と二人で平凡な暮らしを続けるのが、ある事をキッカケに裏社会の男に目をつけられ――という物語。
息子の誕生日に買ってやった“ブラックバット”のオルゴールが示すように、彼は正統派詠春拳の使い手として英雄(スーパーヒーロー)になったイップマンの影でありダークヒーロー、いわば詠春拳版バットマンなんだよね。

同時に、本作はそんな彼が再び昼間の世界に戻るまでを描いた“負け犬の復活劇”でもあって、こんなんみんな大好きでしょ! っていうね。

格闘シーンも、ややスピード感に欠けるものの、細かいディテールまでしっかり描いてて良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
青空ぷらす

5.0やられたら、やり返すヒーロー!

mk7さん
2019年5月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

萌える

期待を裏切らないアクション!
ワンチャイと酔拳のオマージュと思われるシーンもあり大興奮だった!

イップ師匠は耐え、正義を貫くヒーローだが、
本作のティンチは闇稼業も請け負っていたダークヒーロー。
目には目を、燃やされたら燃やせの展開は痛快だった!
ティンチ、葉問4にも出演しないかなー?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mk7

4.0泣き笑いありの単純に楽しめる映画❗

2019年5月9日
スマートフォンから投稿

星🌟🌟🌟🌟レビューが良かったので観たのですが…確かに凄く面白かったです❗まさに泣き笑いありの王道のカンフー映画でしたが姐御役ミシェル・ヨーが凄く良くて彼女が作品の質を良くしてると思います❗以前ベイビーリッチに彼女出ていましたが金持ちの奥さま役だったのでカンフーアクションも上手いとは驚きでした❗カンフーアクションはみんな上手かったですが…❗イップマンシリーズは観た事がなかったのですが続編出来たら観てみたいです❗面白い❗❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミリン一番搾り

5.0とても良かった

2019年4月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

カンフーアクションは、世界中で香港映画人達にしか成し得ない珠玉の映画ジャンルだ。傑作揃いのイップマンシリーズ、今回も外伝とは言え最高だった。見ている間、体温がガンと上昇する感じ。
ミシェールキングが凄い貫禄で素晴らしかった。
一人で息子を育てる父親モノとしても見ていたので、エンドクレジットの映像にジーンと来る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
どんぐり

4.5アクションの見応え!きっちりと分かりやすい作品。

2019年4月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ドニーイェン主演の映画「イップマン」の外伝となる今作。

彼のイップマンとは違った、詠春拳チョン・ティンチのクールさがなによりカッコいい!
また、カッコいいだけではなく、
放火にあい、逃げながら息子を抱きかかえる姿が印象的で、
シングルファーザーとしての我が子への愛情も感じさせてくれます。

物語は、私も大好きな勧善懲悪モノなのですが(笑)、
善と悪の狭間に立つ女ボス、クワンが絶妙な存在として描かれています。

彼女とのアクションシーンや、ラスボス(!)との一騎打ちはもちろん、
どの場面もすごく見応えがあったのですが、

アクション以外でも、
全編を通して、どこで一時停止ボタンを押しても画になるように撮影されています。
チョン親子の営むお店、
ヒロイン役のジュリアの暮らす一室(壁に貼られた写真)や酒場街のネオン、
英国人や富裕層の人の高級レストランなど、
どの場面でもきれい!
見た目にもそうだし、一見してどういう状況かというのがすごく分かりやすい。

分かりやすいといえば、背景に流れる音楽や効果音も嫌みなく聞きやすい。

映画として当たり前のことかもしれませんが、
見せ方の妙、といいますか、「うまいなぁ!」と
物語とは別のところでも感動してしまいました。

もちろん、最後の死闘にて、ピンチの場面から立ち上がる主人公の姿は
涙なしでは見られません!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ウマノホネ

5.0興奮した!

2019年4月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

萌える

カンフー好きの方に勧められて、何気なく見に行ったこの映画。
映画館は男の人ばかりで女は私だけ。とっても場違いな感じ。
でも始まって興奮の雨あられ。何これ、もう懐かしい。昔テレビでよく見たカンフー映画じゃん。アクションがかっこいい、かっこいい。
主役がMAKIDAIさん似でかっこいい。子連れ狼。悪役めっちゃ悪者。昔ながらの典型的な話。わかりやすい。ひたすらかっこいい主人公を応援する。何のくせもないストレートな話。こういうの好きなんだよ。
香港のネオンを上って敵をやっつけるシーンに萌え~。なんてかっこいいの?
女帝までカンフー強いし、タイのすごい殺し屋がなんでこのタイミング?って感じで出てきたり、アメリカの超強いレスラーにこれでもかってやられながら闘ったり。もう大興奮。
最高に最高に楽しい香港カンフー娯楽映画。絶対また見たいです。
調べたら外伝なのね。
本編も1から見ます!!!!
あー楽しかった。女性が見たらどんな感想になるんだろう。知りたい!
興奮のあまりまとまりのない文章になってしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ルージュ

4.0スカッと面白かった。

khapphomさん
2019年4月7日
PCから投稿

完全な予定調和。安心して楽しめた。白人ごつすぎ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
khapphom

4.0番外編も最高に面白かった

sallyさん
2019年4月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

興奮

「イップ・マン 継承」でイップ・マン相手に激闘を繰り広げたチョン・ティンチを主人公にした、「イップ・マン」シリーズの番外編と言うかスピンオフ、「イップ・マン」は、今年最終版が上映されると言う話も聞いていたので見に来ました。

お話の内容やアクションなど、この手の映画の王道的なお話の作りではありますが、お話のテンポもよく、大変に楽しめる内容でありました。

特に、この手の映画の見せ場は、アクションシーンやそのれに関わるアイデアなのですが、町の女ボスと主人公のお酒の勧めと、返し方のシーンは、大変に見事なアイデアで見ていてなんか感心した。

アクションシーンは明らかにやり過ぎて、ワイヤーなどで吊るされているな的なカラクリが分かってしまう程荒い撮影でしたが、ま、楽しめたので十分だったかな・・・・

私としては、本作品は本作品で、シリーズ化してもいいのかなと思っています。

主演のマックス・チャンもカッコイイし、最近プロレス以外でも大活躍のデイヴ・バウティスタ、あのアクションシーンは本物のなかのか、ミシェル・ヨーは凄いね。

リウ・イエンも綺麗で良かった。

次の「イップ・マン」も大変に楽しみ!

本作品、私的には大変に面白く見れました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sally

4.0ネタバレ大&珍しく長文

MAKOさん
2019年3月29日
Androidアプリから投稿

「イップ・マン3」が素晴らし過ぎたので、星4.5でも良かったのだがさすがに差を付けない訳にはいかず。

"アクション映画ではドラマ部分こそが大事なんだ"
なんて事を言う演出家を何処かで見た事あるでしょう。
しかし臆面もなくこういう事を言う監督の映画にかぎってアクションもドラマもつまらなかったりする。

が、やはりアクションの巨匠と言われる人が監督するとそんな心配は全くの杞憂だ。
たしかに王道であり悪く云えばステレオタイプのヒーローであり悪役だが、スカッとアクションを愉しむのであればそれがベストだと思う。

語弊が有るといけないが決してこの作品の脚本が雑な訳ではない。それどころか敗北を知った男のヒーロー再誕物語としてとてもよく錬られた脚本だ。まさか序盤のオルゴールがクライマックスの複線になっているとは。(「白粥と揚げパンが食べたい」には泣きそうでしたよ)
こういうお話しだと主人公がアクションするのをクライマックスまで溜めたりする作品も有るが、ウーピン監督は「それじゃツマランでしょ」とばかりに頭から最後迄これでもかとアクションを観せてくれます。
なのにアクションを無理矢理繋げた感は無く、主人公が闘うべくして闘っている様子が実に良い塩梅で配分されています。この辺もやはり脚本が旨いと云えるポイントですね。

マックス·チャンは「SPL2」、「イップ・マン3」と凄まじいアクションを披露して来て、本作で本格主演デビューとの事だがそれが正に代表作と言える出来栄え。
これ迄にも香港映画では素晴らしいアクションを魅せる俳優が何人も出て来ているし、ニコラス·ツェーやショーン·ユー、エディ·ポンと云った素晴らしい身体能力を持った俳優がいるが、彼等は飽くまでも運動神経を持った"俳優"であり、"アクションスター"と云う訳ではない。(なので次回作はアクション抜きのサスペンスドラマなんて事が普通にあってちょっとガッカリ。出来は別として)
しかしマックス·チャンは正に次世代の本格派アクションスター。「SPL2」ではウー·ジンとトニー·ジャーを同時に相手にして、二人掛かりでも敵わないなんて役を"説得力を"持って演じられる俳優が他にいるだろうか?
アクションを愛する自分としては次作が楽しみで仕方ない。

ミッシェル·ヨーは久々にアクションを披露したと思うが相変わらずのキレと美しさ。グラスの押し付け合いのシーンはクンフー映画らしい見せ場だったが、彼女だからこそ優美さを持った粋なシーンになったと思う。弟の腕ぶった斬って筋を通すシーンも痺れました。

シー·イェンネン(シン·ユーじゃなかった?)は正にアクションの先輩として余裕を持って演じていたように見えました。バウティスタ戦も実に格好良かった。
この方も本格派。本物の少林寺の出家層!
やはり次作が楽しみです。

今作で実は一番の驚きだったのがデイブ·バウティスタの演技の上手さ。前半のジェントルな演技と後半のラスボス然とした演技。お見事でした。「G·o·t·G」シリーズしか知らなかったので、アクションシーンよりも演技力に眼が行ってしまった。失礼ながらWWE時代の事は全く知らないのだが、きっといいレスラーだったんだろうなぁ。
この方の他の映画も観てみたいですね。

そしてユエン·ウーピン監督。ジャッキー様と同じく常々「アクションはやり尽くした」と仰るがそれでも毎回素晴らしいアクションシーンを観せてくれてる。
ジャッキー·チェンを世に送り出し、ドニー·イェンを育て、今作のマックス·チャンを育てた。
この方がいなければ「マトリックス」も無かったかも知れない訳で、只のアクション監督と云うより最早映画界の偉人ですね。

今作で「イップ・マン4完結編」のハードルを自ら上げた様に思えるが、きっとそんなもんどこ吹く風でまた素晴らしいアクションを観せてくれる事でしょう。

きっと自分がジジイになっても香港映画界には"本格派アクションスター"が生まれ続ける事だろう。
クンフー映画万歳!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
MAKO

4.5予定通り。しかし期待以上の娯楽作‼️

bomparaさん
2019年3月28日
iPhoneアプリから投稿

少しレビューを読んでしまったので、あまり期待せずに観ましたが、面白かった‼️
出演が豪華。
ユエン ウーピンに、ミッシェル ヨー、ユン ワーとくれば、詠春拳好きにはたまりません。
そしてシン ユーの男気も良かった。
ストーリーはウェルメイドだか、それがどうしたです。
たっぷりアクションにお腹いっぱい。
そして何より
ミッシェル姐さんの任侠振りにやられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bompara

5.0贅を極めた功夫版『ラ・ラ・ランド』

よねさん
2019年3月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

詠春拳の正統を巡ってイップ・マンに敗れたチョン・ティンチは道場をたたんで雑貨屋を営んでいた。息子フォンとの慎ましやかな生活もつかの間、裏社会を仕切る長楽グループのボンボン、キットに追われていたナナとジュリアを助けたことからキットに逆恨みされ雑貨屋を焼き払われてしまう・・・からの漢汁が丼から滴り落ちる功夫アクション。

『イップ・マン 継承』の続きですが、イップ・マンは回想シーンでチラッと出るだけのスピンオフ。シリーズの名前を冠してはいますが、『~外伝』とはすなわち『~じゃないよ』の意味。巨匠中の巨匠、『酔拳』のユエン・ウーピンが満を辞して監督として登板。ある意味説教臭いとも言えるシリーズからキャラだけ借りて好き勝手やらせて頂きました的な爽快感が冒頭から全開で、タイが誇るムエタイアクションの巨星トニー・ジャーをいきなり投入。ムエタイ対詠春拳という前菜でサーロインステーキを出すかのような贅沢なツカミで鼻腔がスーッとします。

正直ストーリー的にはもうどうでもいいやつですが、もうとにかく見せ場、見せ場、見せ場。ウーピン師父の趣味が炸裂したバラエティに富んだ格闘シーンはどれもハイテンション。しかもこれは意外にも程があるんですが、本作は濃厚に『ラ・ラ・ランド』の影響下にあり。ネオン街の看板の鮮やかな色彩の中で繰り広げられる死闘はもはや武闘会じゃなくて舞踏会。それがどんどん色褪せていく様はデイミアン・チャゼルもその手があったか!と片腹痛くなるレベル。『クレイジー・リッチ!』では餃子を作って麻雀を打つだけだったミシェル・ヨーが暴れまくり、わざわざハリウッドから駆けつけたデイヴ・バウティスタが意外にも深みのある渋い演技を披露したりして、これで1800円は安いやろ!?と泣きながら呟きました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね

4.0極上のカンフー初体験

2019年3月23日
iPhoneアプリから投稿

初イップマン、しかも初カンフー。

中身はコテコテの王道勧善懲悪系なんだけど、それを本気でがっつり金かけて演出するとこんなに面白いんかと仰天。

バトルも小競り合いとか泥臭さはなく、まるで演舞のようで、観ていて美しい。ひとつひとつの戦いのシーンでどれだけ役者は練習したのだろうと感心するレベル。

堂々とした白人嫌い、ステレオタイプな女性美演出、昭和から飛び出してきたような寡黙なイケメン主人公、どれもあまりに古臭いのに映像は現代技術で描かれてるから、逆に斬新な新しさと魅力を感じた。

カンフー好きも、カンフー初心者もきっと観て損はしないと思うので、是非観てみてほしい。

これを機に、イップマン観てみようと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
やべっち

3.0後からじわじわ染みる

2019年3月22日
Androidアプリから投稿

コテコテの王道、理解できない理不尽さや、やられて背中から痛めていく痛そうなシーンとかギョッとしていたが、ティンチーはティンチーの詠春拳なんだと。ストーリーにはティンチーらしい狭義があるなあと。ミシェルヨーとの推手なグラスの応酬で、姉御は強いらしいと。しかし最後らへんまでは長い前菜なんだ。デェビィドソンに向かっていくティンチーが、顎や脇腹を狙っているのを見てニヤついた。結局、詠春拳解禁して勝つのだ。そもそも強いやつは顎や脇腹を狙われることなんか慣れてんでしょ。トニージャーの無駄遣いは、マックスチャンのパシフィックリムアップライジングにおける勿体無さよかましだな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかさたな

5.0面白くて泣いた…特に張天志がデヴィッドソンとの闘いで、生きていく苦...

2019年3月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

面白くて泣いた…特に張天志がデヴィッドソンとの闘いで、生きていく苦悩に踠いていた武術家が、ただ単純に相手に勝ちたいという想いで覚醒するなんて涙が出た!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
片腕コージー

4.5マックスチャンを主役に据えた外伝続編

2019年3月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

単純に音がでかいだけでも劇場で観て良かった。
意外にクラシックな香港アクション映画な作り。粗いワイヤーアクション処理とか早回しとか。時代設定と相まってそれが味に感じた。
ロケットおっぱいファッションも時代を感じて良し。
ビール大瓶ラッパ飲み
ネオン
バティスタボムはさすがにやらなかった。
イップ・マン2作目に通じる英国dis
姉御のアクションが魅せる
衣紋掛けだったオープニングからのエンディングでの親子木人椿がイイだけに、もう一個の息子おまけ余計

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
個人的下書き

2.0姉御強いな!

あんこさん
2019年3月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

アクションが本当にすごくて、イップマンでは何だかんだとドニーさんが勝つんだろうなという信頼感がありましたが、今回はどうなるか分からない緊張感もあってハラハラしっぱなしでした。予想外に良かったのが姉御で、カンフーも剣も何でもござれ、実業家かと思いきや戦う女性でかっこよかったです。個人的に映画ではストーリーや情緒的な所を重要視しているのですが、なんか合わなくてストーリーというか演技が薄っぺらく感じ、ドニーさんの不在が強く感じられる所だけは残念でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あんこ

4.0トニー・ジャーの使い方が贅沢というか、トニー・ジャーじゃなくてもよ...

zhiyangさん
2019年3月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

幸せ

トニー・ジャーの使い方が贅沢というか、トニー・ジャーじゃなくてもよくない? っ感じが若干してちょっと面白かった(ちゃんとマックス・チャンとの熱いバトルもあるけど)。しかしマックス・チャンが格好良い……それに尽きる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
zhiyang

4.5カンフー映画全盛期が懐かしい

aki007さん
2019年3月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

単純

興奮

ドニー・イェン主演の「イップ・マン」シリーズに登場したチョン・ティンチを主人公にしたスピンオフ作品。
全編に渡ってアクションシーンの連続で、観ていて全く飽きる場面も無く最後まで堪能しました。面白い!!
カンフー映画全盛期の中に入れても高いレベルのカンフー映画で、この作品を契機にカンフー映画ブームの火付け役にならないかと期待して鑑賞しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
aki007

4.0あぶらコテコテ全部盛りラーメン

克晴さん
2019年3月13日
iPhoneアプリから投稿

分かりやす過ぎるストーリー展開とキャラ造形、めいっぱい詰め込まれたアクション!
こういう香港映画を待ってたんですよ!

主役たるアクションは異種格闘多めのキレ味抜群の仕上がり、ストーリーは添え物として邪魔しない程度にカッコよく。いや〜良く分かってますね。

まぁ新鮮さは皆無なのでマイナス1しましたが、シリーズ観てない人でも誰でも楽しめる、娯楽アクションの王道でした。面白かった!

欲をいえばトニー・ジャーの出番はもっと欲しかったかな…少ない出番においても、動きにムエタイ色薄かったし…
最近トニーこんな扱いばっかりなのが心配です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
克晴

4.5カンフー映画の王道

2019年3月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

『IP MAN3:イップマン 継承』で、正当な詠春拳の使い手の座を賭けて戦い、葉問=イップ・マン(ドニー・イェン)に負けた男、マスターZことチョン・ティンチ(マックス・チャン)のその後を描いた話。
武術を捨てて、息子との平和な暮らしを選んだティンチが、マフィアに絡まれて様々な被害に会う。
自分のことでは耐えていたが、世話になった友人のために、マフィアと戦うことを決意する。
マフィアの若い衆相手には基本技だけで戦い続け、ある時爆発する詠春拳の技!

ブルースリーや、初期のジャッキー・チェンの映画、イップマンの1作目などのような、カンフー映画のお手本のような展開。
教科書にして王道。
だが、それがいい。
なにより、主演マックス・チャンその人の姿が最高!
惚れ惚れとし、血沸き肉踊りました。

また、大御所ユエン・ウーピン監督が、お約束脚本をここまでかっこよく撮ったことに感動しました。
古臭くない。ただただかっこいい。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
コージィ日本犬
「イップ・マン外伝 マスターZ」の作品トップへ