劇場公開日 2019年10月11日

  • 予告編を見る

15ミニッツ・ウォーのレビュー・感想・評価

3.820
31%
52%
12%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全20件を表示

3.5単純明快な戦場アクションとしては意外と見応えアリの掘り出し物

2019年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

フランスの植民地ジプチで実際に起こったバスジャック事件の顛末を描くサスペンス・アクション。奇しくも公開中の「エンテベ空港の7日間」も同じ1976年に勃発したハイジャック事件もので、この時代がいかに危険と不安と隣り合わせだったのかがうかがえる。

ストーリーに登場するピースはごくわずかだ。隣国との境目で立ち往生する形となったバスと生徒たち。そこに飛び込んでいく学校の女教師、さらには犯行グループと、現場に乗り込んで司令部の出撃命令を待ち続ける精鋭部隊・・・。刻一刻と変わる情勢の中でこれらを巧妙に動かしながら、緊張感のあるトーンを作り上げていく。できることなら各々の登場人物のドラマをもっと掘り下げてほしかったが、逆に単純化することで社会派としての側面は薄まり、エンターテインメントとしての明快さへと振り切れている。「ワイルド・バンチ」的な死闘も、カタルシスの面で見応えアリとして評価したいところだ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら

4.0短く評価/観てください

2020年2月23日
iPhoneアプリから投稿

ボロボロのバス

スナイパーの悲しみ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハロン1301

4.5圧巻の銃撃戦!

2019年11月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

1976年フランスの植民地だったジブチで遂行された人質救出作戦を描いた作品ですが、人質のなる子供達を救出する為に現地派遣されたスナイパーチームと犯人達との攻防をスリリングに描いています。現場で司令部の出撃命令を待ち続ける個性的な精鋭部隊メンバーや、そのリーダーのジェルヴァル大尉役のアルバン・ルノワールが素晴らしい。最後の15分は圧巻でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ナカネム

4.5主人公達が現れた瞬間からラストまでオシャレでイイ!彼らの作戦がなか...

2019年10月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

主人公達が現れた瞬間からラストまでオシャレでイイ!彼らの作戦がなかなか決行出来ないフラストレーションから、1発撃ってからラストまでの爆発力に気持ちも入ってイッちゃいます!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
片腕コージー

4.5あっという間でした

DAIさん
2019年10月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

実話を基にした物語ということなので、どの部分がフィクションなのかはわかりませんが、緊迫感すごかったです。
この事件は全く知りませんでしたが、子供を人質に取るなんて本当に許せません。
女教師の腹の座った対応に感嘆しました。
現場の人達の決断がなければ、もっと悲惨な事態になってたのかもしれませんね。
あんなに怖い思いをした子供達が、その後幸せな人生を送ってくれたことを願わずにはいられません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
DAI

4.0めっちゃ面白い

2019年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩

3.0プロフェッショナルとしての誇り

2019年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

萌える

先進国の特殊部隊と聞くと、黒づくめで装備も防弾仕様ガチガチの集団というイメージを私は安直に思ってしまいましたが、この作品に登場する特殊部隊は正式発足の前の状態だからなのか終始ゆるい格好で精鋭揃いとは言い難かった印象がありました。
しかし、その印象とは裏腹に終盤のクライマックスはとても緊張感が張り詰め全体の緩急の押さえ方は良かったです。
1970年代が舞台だけあって中盤のワイプの使い方もその時代に合わせた感じがして凝ってるなとは思いました。
最後に言える事は先生役のオルガ・キュリレンコは可愛いの一言。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キネマーカイギュウ

4.5スタイリッシュな映像だけじゃない

SHさん
2019年10月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

興奮

複数の狙撃手、複数の背景、複数の展開が格好いい分割画面で構成されて、ビジュアル的に練られた映画だと感じた。
クライマックスまでの煽りも見事で、まさにハラハラドキドキと感情をかき立てられて、戦争映画でありがちな命が軽々しく簡単に消されてしまっているけれど、同時にまた命の尊さみたいなものをも感じさせられて、不覚にも涙をこぼしてしまった。
それぞれに主義主張があっての行動なんだろうけど、すべてが無意味なように感じてしまう。確かに高揚感はあったけれど、虚無感みたいなものを感じさせてくれたこの映画は予想以上に重々しく深いものだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
SH

3.5ラグビーワールドカップから学んだ〝信頼〟と〝覚悟〟

琥珀さん
2019年10月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

実際に弾丸が人の頭や体を貫通する時の様子。
訓練を積んだ射撃手の人たちの狙撃の精度。
パニックに陥ったとはいえ、逃げようとするより、動かぬ標的のように真っ直ぐに向かってくる兵士(あまり訓練されてない?)がいるのか。
バスのボディーの防弾効果。

すべて私には未体験、未学習のことなので、この映画にリアリティがあるのかないのか、正直わかりません。
ただ、実際の戦闘においての凄惨さが、この描写のたとえ3割未満だとしても、こんな現場を経験したら、普通の人は間違いなくPTSDから免れないと思います。

ひとつだけ確かだと思うこと。それは、テントに待機している司令官の判断に必要なのは、次のふたつだということ。

①前線に送り込んだ5人への信頼
狙撃スキル、現場判断力への信頼が持てないのならそもそも現場に出してはいけない。つまり、この作戦は始めから取るべきでない。

②しかし、相応の準備・装備と信頼を持って送り込んだ以上、優先すべきは彼らの判断であり、パリではない(上司への忖度や自身の保身など、現場の切迫状況を知らない者達への配慮は決定的なミスに直結する)。〝パリ〟に従わないことの責任は自分一人で取るという覚悟を前線の5人に示すこと。

ラグビーワールドカップを通じて、
・グランドでの判断はすべて選手自身の考えと責任で下されている
・監督も選手もスタッフも試合開始前にすべての準備と覚悟ができている
というとても大切なことを学んでいる今、本当に実感を持ってそう感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
琥珀

3.5リアリティに欠ける実録テロドラマ

2019年10月19日
iPhoneアプリから投稿

映画が始まってすぐにスクールバスジャックが発生、フランスの特殊部隊が緊急出動と、緊迫感あふれる出だしで期待感が盛り上がります。ところが、犯人たちの計画はグダグダだし、現地に着いてからの展開ももたつき気味です。また、スナイパーチームが遮蔽物のない炎熱の砂漠で帽子もかぶらず何時間も待機したり、自動小銃を乱射してくる相手を単発のボルトアクションの狙撃銃で縁日の射的のように撃ちまくって制圧するのはリアリティなさすぎです。複数の狙撃手による同時狙撃と言う離れ技がすごかっただけに残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シネマディクト

3.5戦闘シーンが快感

2019年10月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

実話をベースに脚色したフィクション。
バスに乗り込む学校の先生がかっこいい!
狙撃の腕前が凄まじい連中が、さらにかっこいい。
ファッションは、ちとダサ目の70年代ですがw
耐えに耐えたストレスが発散される、ラスト近くの大迫力戦闘シーンが快感でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
コージィ日本犬

4.0悔しい

2019年10月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ごっとん

3.0シビアタッチで劇的内容

hachiさん
2019年10月15日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
hachi

1.5リボルバーでも!?

Bacchusさん
2019年10月14日
Androidアプリから投稿

怖い

興奮

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Bacchus

3.5邦題通り

ひでさん
2019年10月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

148本目。
邦題通り。
最後は見応えあった。
テロップを見ると問題提起でもあるのかな?
何か最近この手の映画館観たなぁと思ったら、あっエンデベか。
似てなくもない。
最後の銃撃シーン観てるとゲームみたいと思ってる自分がいる訳で、映画とは言えこの感覚ってヤバい、マヒしてるかと思ってしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひで

4.5戦地の日焼けとオシッコ問題

momo8さん
2019年10月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
momo8

3.5リアリティーよりエンタメ度が高めでした。

イゲさん
2019年10月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

事実に基づいたテロリストの作品としては最近観賞したインドのホテルを舞台とした映画がリアリティーがあり衝撃的でしたが本作はエンタメ度をかなり重視した作品の印象。
バスジャックされたスクールバスにいる複数のテロリストを一気に射殺するミッション。
その精鋭のスナイパー達のオッサン度がハンパ無くて本当に大丈夫なのか不安になります(笑)
が、彼らのプロ意識の方がハンパありませんでした!カッコ良い!
そして女性教師のジェーン。
生徒を守りたい一心でバスジャックされたそれに乗り込む責任感が凄い。
綺麗で達筆。テロリストと対等に話せる姿は素晴らしい。
スナイパー達が上からの指示を待つのがヤキモキしますが「事件は会議室ではなく現場で起こっている」的などこかで聞いたセリフを思い出します。
そして無事に事件解決と思ったけどスナイパーの一言が重かったです。

女性教師のジェーンがウインクするシーンがメッチヤカッコ良かったです( ´∀`)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
イゲ

4.0改めてテロリストに怒りを覚える

KZKさん
2019年10月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
KZK

5.0極限状態の人質救出劇

2019年10月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

タイトルの「15ミニッツ・ウォー」は、1976年2月3日7時15分に発生した
バスジャック犯達とフランス特殊部隊GIGN(Groupe D' Intervention De La
Gendarmerie Nationale:ジェイジェン)との銃撃戦のことです。

実話を基に、フィクションも入れて映画化しています。
CIA(米国)とKGB(ソ連)を登場させるなどして、冷戦時代を演出しています。
人質となる子供達、子供達の教師、バスジャック犯達、国境警備隊、政治家、
GIGN達とGIGNの家族が登場することで、バスジャック事件をうまく伝えています。

スナイパーを扱った映画としてもよくできていると思います。
「アメリカン・スナイパー」「ザ・シューター/極大射程」よりも楽しめる
映画だと思いました。

自動小銃(AK-47)、狙撃銃(FR-F1)、拳銃(MR73)の描き方が、実戦的です。
自動小銃(AK-47)は、30発の銃弾を装填し、遠距離の敵を正確に撃てませんが、
有効射程距離は300mもあり、600発/分で連射することもできます。
狙撃銃(FR-F1)は、10発の銃弾を装填し、遠距離の敵を正確に撃てますが、
有効射程距離は300mであり、ボルトアクションなので、連射することはできません。
拳銃(MR73)は、6発の銃弾を装填し、近距離の標的を素早く撃てます。

狙撃銃(FR-F1)が有利なのは、敵と距離が離れている状況に限られるということです。
敵と距離が近くなれば、狙撃銃(FR-F1)は自動小銃(AK-47)に不利になり、拳銃(MR73)
を使うことになるというのが、実戦的です。

1970年代は、政治目的のハイジャック事件が以下のように多数発生していた
時代です。

1972年5月8日、パレスチナ過激派テロリストが、ベルギーのブリュッセル発
イスラエルのテルアビブ空港行きのサベナ航空をハイジャックして、
イスラエルのロッド国際空港に着陸させ、逮捕されているテロリストの解放
をイスラエル政府に要求しました。

1976年6月27日、イスラエルのテルアビブ空港発、ギリシャのアテネ空港経由、
フランスのパリ空港行きのエールフランス139便をハイジャックして、
ウガンダのエンテベ空港に着陸し、イスラエルで服役中のテロリストに加えて
ドイツ等などで服役中のテロリストの釈放を要求しました。
この事件については「エンテベ空港の7日間」を鑑賞すると良いでしょう。

フランス特殊部隊は、1972年9月5日にパレスチナ武装組織がミュンヘン
オリンピック開催中にイスラエルのアスリート11名が殺害した事件に対応
するために創設されました。
日本のSATもこの事件に対応するために創設されました。
この事件については「ミュンヘン」を鑑賞すると良いでしょう。

日本でもバスジャックは以下のように多く起きています。
・2014年5月11日、宮崎交通のバスがバスジャックされました。
・2012年4月22日、西東京バスがバスジャックされました。
・2011年3月 2日、遠州鉄道路線バスがバスジャックされました。
・2008年7月16日、東名高速バスがバスジャックされました。
・2004年4月 3日、秋田中央交通の路線バスがバスジャックされました。
・2004年1月 5日、遠州鉄道路線バスがバスジャックされました。
・2003年7月28日、川中島バスがバスジャックされました。
・2001年1月13日、京都市営バスがバスジャックされました。
・2000年7月22日、宇和島自動車の路線バスがバスジャックされました。
・2000年5月 3日、西鉄バスがバスジャックされました。
 犯人は乗客3人を牛刀で刺し、1人が死亡、2人が重傷を負い、
 SAT(特殊急襲部隊)が突入しました。

ジブチ共和国は、アフリカ北東部にあり、北はエリトリア、南東はエチオピア、
南はソマリアと国境を接し、西は紅海に面し、アラビア半島に極めて近く中東に
含まれる場合もあります。

日本からは遠くて小さな無関係な国と思いがちですが、中東から日本に向けて
輸出される石油はジブチ共和国の領海を通過して、輸出されています。

パンフレットは、よくできているので、映画を理解したい人にはお勧めできます。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ノリック007

2.0抹殺・虐殺という言葉が似合う映画。

2019年9月30日
PCから投稿

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Naaki
「15ミニッツ・ウォー」の作品トップへ